気温がぐっと下がるこの季節、抗菌アロマで一次予防を!


ストレスで弱まる免疫力

免疫力とは、身体の内外の異物をやっつける自己防衛反応です。しかしながら、これがストレスにめっぽう弱いのです。
私たちのからだは、自律神経系-免疫系-ホルモン系と相互に連携しています。そして、ストレスで優位になる交感神経は白血球の働きを抑制するので、ウイルスや細菌に対する抵抗力が弱くなるのです。

 

風邪の季節には抗菌力精油のチカラを活用しよう

季節が一変して、外気が冷え込み空気が乾燥すると本格的に風邪が流行り始めます。
そんな季節、予防のために使いたいのが「ユーカリ」の精油です。ユーカリは世界で最も高い木の一つで、オーストラリアにたくさん植生しています。1,8シネオールという芳香成分が占めており抗菌・抗ウイルスに優れた威力を発揮します。古来よりオーストラリア先住民のアボリジニは感染症や発熱の治療に取り入れていたそうです。
その成分の多くをツーンと鼻をつく独特の香りは好き嫌いがあるかもしれませんが、風邪の症状である咳や鼻水といった抗カタル作用もあり、鼻通りを良くして頭をすっきりさせてもくれます。
単独での香りが苦手な方はユーカリの精油:レモンの精油を50:50でブレンドするのがお勧めです。

外出時にも数滴垂らして即席お守りに

自宅では、人の出入りの多い玄関に精油をアロマストーンに数滴垂らして置いておくのがお手軽な方法ではないでしょうか。また、最近は、アロマ用パッチシート(その名も「ピタッとアロマ」)もあります。これは元々介護の現場などで使われていたものだそうですが、表面に特殊な繊維を使用しており精油がよくしみわたり、2滴ほど垂らすと8時間くらい芳香が続くという優れものです。
お出かけ前に、手持ちのものにピタッと貼っておくと、これからの季節ちょっとしたお守りを持っている気分で安心です。
この季節、リラックスだけじゃない精油のパワーも生活に取り入れてみて下さい。

 

プロフィール

殿村江美
有限会社E.flat代表マーケティングプランナー
産業カウンセラー、ハーバルセラピスト

「健康価値マーケティングでくらしをトーンアップ」をテーマとする+TONEで、商品開発、リサーチ、プロモーション開発等で企業のマーケティング活動をサポートする。

現代社会におけるストレスケアに向けて、メディカルハーブ、音楽療法、カウンセリングを活かしたコンテンツ制作や編集なども行う。

著書に「Me time こころをほぐす12ヶ月のメディカルハーブティ」

http://plus-tone.com/

https://www.facebook.com/plustone.jp


関連コンテンツ