心がスッとする 音楽&ハーバルライフ ~人間関係に欠かせない共感力~


巷に溢れる共感とは?

映画、音楽、絵画、本、etc.などに触れ、私たちはよく「〇〇に共感できた~」と感想を述べたり、「あ~わかる、わかる」というツボをつくことを共感コミュニケーションと言ったりもします。
AIという言葉を見聞きしない日はない今日この頃、人間ならではの能力として益々注目されるこの「共感」の本当の意味とは何なのでしょうか?

 

SympathyとEmpathy

わかりやすいのは、SympathyとEmpathyの違いでしょう。
前者は、相手の状況に対して共に(Sym・pathy)あることで、同情や同感とも。一方後者は、相手の気持ちの中へ入りまるで自分のことのように感じて寄り添う(Em・pathy)ことで、近い言葉に感情移入があります。
カウンセリングの基本的態度「傾聴」では後者の「共感」が必須とされ、あたかも自分のことのように感じてクライエントと共に居るものの、自分自身に戻れる状態を指します。
1990年代半ばに世界中でベストセラーになった本に「EQ~こころの知能指数~」を久しぶりに読み返してみると、この時点で、作者(ダニエル・ゴールマン)は共感するチカラの大切さと効力を端々に挙げています。
そして、20年以上経った今、周りを見渡せば人間関係で疲れている人が本当にたくさんいます。人はひとりでは生きられないので、自ずと周りの人に影響を受けたり与えたりしているわけで、ストレスの元を辿れば殆どが人間関係に起因するのです。

やさしい音楽で心をマッサージ

共感力を高めるには自身のこころを安定させることも重要です。先の本の中には、怒り、不安、抑うつが3大ストレッサー(ストレス要因)であると書かれています。こうした情動が頭をもたげてきたら、それらに巻き込まれないように、一旦感情と距離を置くことが大事です。やさしい音楽でブレイクして、心にゆとりをもたせましょう。
そっと寄り添ってくれる曲、、、たくさんあると思いますが、ここではカーペンターズのClose to Youを取り上げます。原題はThey long to be close to youで、切ない恋心を歌ったもの。女性でこの曲が好き!と言う人は多いですが、メロディを聴くだけでもこころがほぐれてやさしい気持ちになれます。
共感のいい循環が生まれるためにも、自身のこころにやさしく寄り添ってあげる習慣をもちたいものです。

 

プロフィール

Emi
音楽ハーブセラピスト

大手広告代理店を経て、ヘルス&ビューティの商品開発やブランディングを行う中、ストレス社会における五感の大切さに気付く。

メディカルハーブと音楽療法をベースとする「五感を開いてストレスケア」をテーマとする+TONE(プラストーン)主宰。

企業マーケティングやプロモーション開発、情報コンテンツ開発、コラム執筆などを行う。著書に『Me time こころをほぐす12ヵ月のメディカルハーブティ』

JAMHA認定ハーバルセラピスト

日本ホリスティック医学協会会員

http://plus-tone.com/

https://www.facebook.com/plustone.jp