7割以上が1年中悩む「カサカサ」。夏はエアコンの影響が大!!


リビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長 田中則昭)では、全国の女性1496人を対象に「肌や身体の乾燥」についての調査を実施。乾燥・保湿対策で何をしているか、どんなことに悩んでいるかなどを聞きました。
リビングくらしHOW研究所 ウェブサイトはこちら⇒ https://www.kurashihow.co.jp

■20代、30代の約7割が、3年前に⽐べて「より乾燥を感じるようになった」
保湿しても効果が感じられない部位は「手・指先」がトップ

昨冬「肌や身体の乾燥を感じた」のは87.3%。そのうち1/4強の 27.0%が「いつもの冬より乾燥を感じた」と答えています。
3年前と⽐較して乾燥度合いの変化を聞いたところ「より、乾燥を感じるようになった」は67.5%。年齢が上になるほど、より乾燥を感じるようになるのかと思いきや、20代以下71.1%、30代70.2%と、若い世代でも乾燥しやすくなったと感じています(グラフ1) 

 昨冬に乾燥・保湿対策として実⾏したことの上位5項目は、グラフ2のとおり。約7割がハンドクリームを利⽤しているものの、乾燥対策をしても効果が感じられなかった部位では、「手・指先」がトップになりました(グラフ3) 。頻繁な水仕事や手洗い後のカサカサを訴える声や、ハンドクリームを塗っても追いつかないといった声が多数。特に冬は、インフルエンザ対策でこまめな手洗いが推奨、励⾏されていたことも影響しているかもしれません。

■73.7%が冬以外の季節にも乾燥に悩んでいる

季節の変わりめ、夏のエアコンの影響が圧倒的

冬以外の季節にも乾燥を感じるかどうか聞いたところ、73.7%が「乾燥を感じる」と回答。年代別では30代が
80.1%とトップでした(グラフ4) 。

具体的にいつ、どのような乾燥を感じているかフリーアンサーで聞いたところ「まさに、今」(調査は4月上旬)といった声が頻出。全954コメントのうち「春・秋などの季節の変わりめ」約214件、「夏の冷房」約110件が上位でした。
温度・湿度の変化が激しい季節の変わりめ、花粉や塵の飛散、そして夏は冷房の影響…と結局、冬以外の季節も一年中カサカサに悩んでいる女性が多数。冬=低湿度=肌の乾燥=保湿対策というお決まりパターンは、もはや、成り立たないようです。

詳細レポートはリビングくらしHOW研究所サイトで公開
https://www.kurashihow.co.jp/markets/14923/

日々、Facebookで女性とくらしのミニデータを更新中
https://www.facebook.com/kurashiHOW/

 


掲載元:PR TIMES

Selected by COCOLOLO ライフ magazine 編集部