秋の夕暮れ、懐かしい回想で脳に栄養を


みなさんには記憶に残る季節の香りがありますか?
私は、なぜか木を燃やしたあの残り香から秋を連想します。特に焼き芋をしたとか固有の思い出と結びついているわけではないのですが、妙に落ち着く自然の香りなのです。こればかりは精油があるわけでもなく、ふだんはすっかり忘れているのですが、その香りが蘇った旅先や風景はとても印象に残っています。
例えば、山形の古い温泉旅館とか、那須の森の中のレストランとか・・・・・
勝手に「おばあちゃんちの匂い」と言っていますが、地方出身の人は結構「あ~わかる、わかる」と言ってくれます。

 

脳に栄養を与える回想法

音楽療法には回想法というものがあります。お年寄りでも古い記憶は残っているので、昔のいい思い出を引き出す童謡や唱歌を歌ったりして、脳を活性化して認知症を予防したり、うつを予防したりするために使われます。
でも、これはなにもお年寄り限定でなく、ふだん脳の同じ分野ばかり酷使して、自律神経の中枢が疲れている私たちにとっても、10分ほどで出来てしまうのでクイックセラピーです。
記憶を呼び起こすのは、若い頃聴いた音楽や旅先で聴いた音楽などもいいです。そして、香りで回想するというのももちろんアリです。
心にいいものは、どんどん記憶から引き出して使いましょう!そして、この気持ちよさは結構クセになります。

 

夕刻を連想する音楽をお供に

家路というタイトルのついた有名なクラシック音楽があります。ドヴォルザークの交響曲第9番2楽章です。かつて下校時などに耳にしたのではないでしょうか。この曲を聴くと多くの人が夕方をイメージします。
作曲者自身がアメリカに渡って、故郷チェコを思い出しながら作った曲で、まさに回想しながら作られた郷愁の想いが人の琴線に触れるメロディになったのだと思います。夕刻にはこんな曲を聴きながら懐かしい日々を回想してみましょう。 →こちら

 

プロフィール

殿村江美
有限会社E.flat代表マーケティングプランナー
産業カウンセラー、ハーバルセラピスト

「健康価値マーケティングでくらしをトーンアップ」をテーマとする+TONEで、商品開発、リサーチ、プロモーション開発等で企業のマーケティング活動をサポートする。

現代社会におけるストレスケアに向けて、メディカルハーブ、音楽療法、カウンセリングを活かしたコンテンツ制作や編集なども行う。

著書に「Me time こころをほぐす12ヶ月のメディカルハーブティ」

http://plus-tone.com/

https://www.facebook.com/plustone.jp