あなたの夏バテ指数をチェック!正しい自律神経バランスの整え方とは?【COCOLOLO×ボディリズム呼吸法】【イベントレポ】


国内150万ダウンロードを突破した自律神経測定アプリ「COCOLOLO」と心身のセルフケアを提唱する「ボディリズム呼吸法®」が、8月30日(水)に東京・大手町駅直結のイベントスペース・SPACES大手町ビルにて初のコラボイベントを開催。


〈前半〉
① 今の自分を数値でチェック
② 自律神経を整えるライフスタイルとは
③ 自律神経バランスをチェック

〈後半〉
④ 夏バテ度をチェック
⑤ リズム呼吸でセロトニン神経を活性化
⑥ ストレッチ運動で疲労を解消
⑦ 自律神経の変化をチェック

今回のセミナーの流れは上記の通り。夏バテで乱れてしまった自律神経ついて、心の状態を数値化しながら(=COCOLOLO)いつでも・どこでも自分でできるマインドケア(=ボディリズム呼吸®)を実践していくプログラムセミナー第一弾のイベントレポートをお届けします。


 

日常にストレスを感じていますか?

セミナー前半の進行役はWINフロンティア株式会社 代表取締役社長兼CEO・医学博士の板生研一氏。

お題に挙がった「ストレス」について、参加者同士が「最近のストレス」を話すことからスタートしました。ただ聞くだけのセミナーではなく、参加者同士が交流することでストレスについて深掘りしながら現代ストレスの要因を医学的な観点から解説していきます。

 

〈現代ストレスの要因〉

① アテンション・エコノミーの時代
人々の関心や注意を惹きつけることがお金の価値を生む時代であり、日常生活の中で「注意」が散漫になりやすい環境がストレスを生みやすい。

② 睡眠の質を低下させるライフスタイル
就寝前にネットで興味深い情報を発見したり、SNSフォロワーが増えるとドーパミンが分泌されて覚醒が促進されてしまい、睡眠の質を下げてしまう。

充実しているからこそ思い当たる睡眠不足に、参加者の皆さんの中でも頷く場面がありました。

さらに、玉ねぎを切った時の涙(交感神経)と感動映画を見た時の涙(副交感神経)の違いや、現代人のライフスタイルにおける自律神経の偏りを例に挙げながら「自律神経バランス」の重要さを解説。

自律神経の基本を学びつつ、自分の心を数値化したCOCOLOLO測定結果と自律神経バランスのチェックリストを照らし合わせ、今の自分自身の状態を客観的に評価して頂きました。

さらに自律神経の変動を改めて注目。季節によって変化する男女の自律神経バランス、温泉や朝風呂が心身にもたらす効果、曜日による心身の変動があること、肥満とストレスの相関図、ストレスを悪者にしてしまう固定観念の誤りなど実証データを元に学びました。

 

夏バテでお疲れモードはボディリズム呼吸法で解消!

休憩を挟んでの後半は、株式会社Tree of Heart代表取締役、日本ボディリズムマネジメント協会代表理事・藤田友佳子氏によるボディリズム呼吸法の実践体験。ボディリズム呼吸法とは音楽のリズムに合わせて呼吸することで自律神経をコントロールができる呼吸法です。

参加者同士で自分の夏バテ状態を話しつつ、夏バテ度をチェックしながら日頃の生活習慣から見直すことから開始。自分の状態を見つめ直すことから始めます。

耳・肩・背骨をまっすぐに整え、口から細く長く息を吐きながら腹筋を使った呼吸法でセロトニンを分泌させるための練習を行い……。

慣れてきたらボディリズム® サイン音を聞きながらストレッチと呼吸法を繰り返して、夏バテ・肩こりにアプローチして睡眠の質を向上させていきます。

ストレッチとボディリズム呼吸法で自律神経バランスを整えた後はCOCOLOLOでもう一度測定!「めちゃくちゃいい感じ!」「トータルパワーが上がった!」など、ポジティブな意見が飛び交いました。

実際に参加者全員の測定結果をまとめてみると、最初に比べてトータルパワーが上がったという結果に。
「誰でもすぐにできそう」「仕事の合間にさっそくやってみます」「寝る前に実践したい」と好評でした。

プログラムセミナー終了後、参加者に感想を伺ってみると「参加できて良かった」という声が多数。

「心の可視化について興味があったことからCOCOLOLOをダウンロードしたものの、最近はあまり使っていなくて。今回のセミナーで温泉やジョギングなど、日常のちょっとしたことが体に与える影響を知り、アプリも使い方次第で面白くなるんだと感じました。運動をしたいから測る、データを取りたいから測る、視点を変えてみるだけでも感覚が変わりますよね。自分だけでなく、家族にも勧めてみたいです」

ボディリズム呼吸法で心と身体を整えてCOCOLOLOで数値化した状態をチェックする、今日から実践できるセミナープログラム第一弾は盛況のうちに幕を閉じました。

ご参加頂いた皆さま、お忙しい中足をお運び頂きありがとうございました。第二弾もどうぞご期待ください。


編集:COCOLOLO ライフ magazine 編集部