自分へのご褒美タイミングは「ストレスが溜まったとき」。50代では「いいことがあったとき」にも!!


マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、全国の男女20~50代有職者に「自分へのご褒美に関するアンケート調査」を実施し、その結果を9月2日に公開しました。
※調査日は2019年6月28日(金)~7月1日(月)です。

【 調査結果 】

< トピック >

  • 自分へのご褒美は、ストレス発散の手段
  • ご褒美として「食」と「ファッション」は女性、「お酒」は男性が多い
  • ご褒美の効果は短期的、最も持続するのは「旅行や遊び」

< 自分へのご褒美をしようと思うタイミング >
■多くの人が、自分へのご褒美をストレス発散の手段ととらえている

若い人ほど、ストレスがたまったときに自分へのご褒美をする傾向が強くなる。
一方で、50代では、気持ちがポジティブなときに、自分へのご褒美をする傾向がある。

Q.あなたが「自分へのご褒美」を買おう(利用しよう)と思うのは、どのようなときですか。(複数選択可)

ご褒美をしようと思うタイミング

< 自分へのご褒美の内容 >
■自分へのご褒美は、男女で差がみられた

男性はお酒、女性は買い物で日ごろのストレスを発散している。
いつもより高いお菓子や新しい服・靴は女性、いつもより高いお酒や居酒屋・バーでの飲みは男性が多く、男女で自分への「ご褒美」の違いが顕著にみられる。

Q.あなたが直近1ヶ月間で行った「自分へのご褒美」に当てはまるものを全て教えてください。(複数選択可)

ご褒美の内容

< 意欲が喚起されるご褒美 >
■旅行や遊びにでかけると、気持ちがリフレッシュされるため「意欲的」になる

居酒屋やバーに飲みに行っても、意欲的にはならず、気持ちの継続が短い結果となった。
ストレスを発散させるために飲みに行ったものの、その場しのぎにしかなっておらず、気持ちの継続がされていないと考えられる。

Q.「自分へのご褒美」を買った(利用した)後、「また頑張ろう」という気持ちはどのくらい持続できますか。あてはまるものを教えてください。(それぞれ1つずつ選択)

意欲が喚起されるご褒美

【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/examine/ex201909reward.html
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・基本属性(性別、年代、居住地、婚姻状況、職業)
・直近の自分へのご褒美の実施時期(SA)
・自分へのご褒美をしようとするタイミング(MA)
・自分へのご褒美の内容(MA)
・自分へのご褒美にかける金額(FA)
・自分へのご褒美の頻度(FA)
・自分へのご褒美で可能な気持ちの維持期間(SA)
・自分へのご褒美に費やす金額の変化(SA)
・自分へのご褒美に費やす金額の変化(SA)
・理想の自分へのご褒美について(FA)
・直近での身の回りの環境の変化(SA)

【 調査概要 】
調査名  :自分へのご褒美に関するアンケート調査
調査対象者:全国/男女/20~50代/有職者
有効回答数:1,000ss
割付   :年代均等(ウェイトバック集計にて、日本の人口構成比に補正)
※総務省統計局 平成30年10月公開データより
調査期間 :2019年6月28日(金)~2019年7月1日(月)
調査方法 :インターネット調査
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)

 


掲載元:PR TIMES

Selected by COCOLOLO ライフ magazine 編集部