紫外線ダメージに要注意!!お医者さんが考える紫外線対策部位の1位は顔。第2位は?


梅雨も終わりが近づき、本格的な夏のイベントシーズンの到来が近付いてまいりました。
気象庁の発表では、7~8月に紫外線量が年間で最も多くなると発表されています。
そのため、この時期の紫外線対策には気を遣われる方も多いのではないでしょうか。医師のともでは、内科系・外科系・皮膚科・眼科などを専門とする医師237名の
ご協力のもと、「医師が考える紫外線対策」について、意識調査を実施しました。実施期間:2019年6月4日~6月14日
転載元:医師のともブログ
https://www.ishinotomo.com/blog/2019/07/post-10-684931.html
  • 紫外線対策は、夏の時期だけで大丈夫?

Q.紫外線対策を行った方がいい時期とは?(n=658、複数回答)

​夏の時期だけではなく、1年中行うべきという回答も上位に来ており、
年間を通してケアすることが重要であるとうかがえます。

 

 

  • 実は重要!目の紫外線対策について

Q.紫外線対策を行った方がいい箇所とは?(n=527、複数回答)

顔や体といった箇所は、日焼け止めや衣類でカバーできますが、目の紫外線対策に関しては
選択肢が限られています。しかし、最近ではUVカット効果のあるサプリやコンタクトレンズ
など手軽に始められるグッズが増えてきておりますので、そうしたグッズを活用して
目の紫外線対策もしっかり行ってみてはいかがでしょうか。

「その他」の回答内容:耳の裏、手の甲など

  • 紫外線が目にもたらす、深刻な影響について

Q.紫外線がもたらす目への影響について、深刻だと思うものとは?(n=252、複数回答)

「白内障」が全体の6割を上回り、最も多くの回答数を集めました。
「その他」の回答内容:ドライアイ、目から入る紫外線も皮膚のシミ悪化の原因となること

 

  • 外で遊ぶ時も気を付けよう! 子供(12歳以下)の紫外線対策について

Q.子供(12歳以下)にも日焼け止めクリームやスプレーを塗ったほうが良いか?(n=237)

子供のうちから大量の紫外線を浴びた場合、数年後~何十年か経ってから深刻な影響が
出てくる可能性があります。そのため、「必要である」という回答が過半数を占める
結果となりました。
しかし、一方で薬害との相対的効果を考え、「通年ではなく、時期によって使用するべき」
という回答も多く見受けられました。

また、「特に必要ない」という回答については、「衣類など別のグッズで紫外線対策をする」
という回答が多く、「紫外線対策をしなくてもいい」とする回答はごくわずかでした。

  • まとめ

今回のアンケートでは、紫外線が人体に与える悪影響が目立つ結果となりました。
しかし、紫外線が人体に与える影響は、決して悪いことばかりではありません。
紫外線の良い点としては、適度に浴びると「体内のビタミンD生成効果」や、
「リラックス効果」があると言われております。
大切なことは、紫外線を浴びすぎないように、上手にコントロールすることでは
ないでしょうか。

さらに…
医師のともブログ内では、今回掲載していないブログ限定調査結果も公開中です!
ご興味ある方は是非ご覧ください。
▼医師のともブログ
https://www.ishinotomo.com/blog/2019/07/post-10-684931.html

※本アンケート結果につきまして、許可なく複製・転用・販売などの
二次利用することを固く禁じます。
————————————————————————————-
<会社概要>
会社名:株式会社医師のとも
代表者:柳川 圭子
資本金:2,515万円
所在地:〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-16-4 野村不動産渋谷道玄坂ビル2階
設立 :2012年11月16日
主な事業内容:
医師人材コンサルティング事業/開業・承継サポート事業/ライフサポート事業/
PR事業(「女医+(じょいぷらす)」「医師+(いしぷらす)」の運営)/
結婚相談所事業

プライバシーマーク認定番号:第17003400号
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-305803

<医師のとも公式サイト>
https://www.ishinotomo.com/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社医師のとも 経営戦略室 流石
代表:03-5422-9612
E-mail:keisen@ishinotomo.com

 


掲載元:PR TIMES

Selected by COCOLOLO ライフ magazine 編集部