7割以上が業務低下を実感!ビジネスパーソンのアイストレスは15時~16時台に集中!


ライフスタイルに合わせたメガネを提案しているメガネショップ「アイメガネ」を展開するアイジャパン株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:澤田 泰行)は、全国のビジネスパーソン男女500名を対象に、【目のストレス】に関する実態調査を実施いたしました。

「働く人の目のストレスに関する実態調査」結果概要
・ビジネスパーソンが最も目のストレスを感じる時間帯は15時~16時台に集中!
・ビジネスパーソンの7割以上が目のストレスにより業務効率の低下を感じている!?
・業務中の目のケアランキング、第1位は「目薬(82.4%)」
・目の「調節力」とは?7割以上が知らないと回答

■あなたは業務中に目のストレス(眼精疲労など)を感じることはありますか?(n=500・単一回答方式)

85%以上が業務中に目のストレスを感じている!
 全国のビジネスパーソン男女500名を対象に、日々の業務中に目のストレス(眼精疲労など)を感じることがあるか聞いたところ、「とても感じる(39.8%)」、「どちらかというと感じる(45.6%)」と合わせると85.4%のビジネスパーソンが業務中に目のストレスを感じていることがわかりました。

■あなたが目のストレスを感じる時間帯を教えてください。(n=427・単一回答方式)

最も目のストレスを感じる時間帯は15時~16時台
 業務中に目のストレスを感じると回答した427名を対象に、目のストレスを感じる時間帯を聞いたところ、最も多かったのが「15時~16時台」で30.0%、次に「17時~18時台」で25.1%と、半数以上のビジネスパーソンが「15時~18時台」に目のストレスを感じていることがわかりました。

■目のストレスにより業務効率が低下したと感じることはありますか?(n=427・単一回答方式)

7割以上が目のストレスにより業務効率の低下を感じている!?
 続いて、目のストレスを感じると回答した427名を対象に、目のストレスにより業務効率が低下したと感じることはあるかと聞いたところ、「頻繁にある(15.9%)」、「時々ある(56.4%)」と合わせると7割以上のビジネスパーソンが、目のストレスが原因で業務効率が低下したと感じていることがわかりました。

■あなたは業務中に目のケアをすることはありますか?(n=500・単一回答方式)

ビジネスパーソンは目が命!3人に1人が業務中に目のケアをしている!
 次に、業務中に目のケアをすることはあるか聞いたところ、「ケアしている」が34.0%、「ケアしていない」が66.0%と、ビジネスパーソンの3人に1人は、日々の業務の最中に目のケアをしていることがわかりました。前問の目のストレスにより業務効率が低下するという結果からも、業務中の目のケアの重要性が感じられます。

■あなたは業務中にどのような目のケアをしていますか?(n=170・複数回答方式)

業務中の目のケアランキング、第1位は「目薬(82.4%)」
 業務中に目のケアをしていると回答した170名を対象に、どのような目のケアをしているか聞いたところ、第1位は「目薬(82.4%)」、第2位は「目を閉じて休める(44.7%)」、第3位は「マッサージ(41.2%)」という結果になりました。

【参考調査】
■あなたは目の「調節力」とは何か知っていますか?(n=500・単一回答方式)

目の「調節力」とは?7割以上が知らないと回答
 目の「調節力」を知っているか聞いたところ「知っている(28.4%)」、「知らない(71.6%)」と7割以上のビジネスパーソンが目の「調節力」を知らないという結果になりました。

■あなたはご自身の目の「調節力」を知りたいと思いますか?(n=142・単一回答方式)

80%以上が「調節力」を計測したいと回答
 また、目の「調節力」を知っていると回答した142名を対象に、自身の目の「調節力」を知りたいか聞いたところ、「とても知りたい(34.5%)」、「どちらかというと知りたい(45.8%)」と合わせると80.3%の方が「調節力」に関心があることがわかりました。

目がお疲れのビジネスパーソンに朗報です!メガネの選び方が変わる!?話題のピント調節機能解析装置とは
 水晶体は、遠くを見るときはリラックスして薄い状態、近くを見るときは筋肉(毛様体筋)が緊張して水晶体を厚くしてピントを合わせます。このピントを合わせる能力が「調節力」です。
 これまで測れなかった目の「調節力」や「緊張度」も合わせて計測できるのが今話題の「アコモレフ」。ピントが合う最も近い距離(近点)は人それぞれ異なるため、この焦点距離に合わせたレンズを選ばないと、疲れ目や頭痛・肩こりといった様々な症状に悩まされてしまうケースが多いのです。また、パソコンやスマホとの接触時間が長いビジネスパーソンの間では、「テクノストレス眼症」が増加しています。
 アコモレフはこうしたピント調節機能の状態を僅かな時間で計測でき、グラフで視覚的に目の状況を把握することができます。

計測結果

リラックスしており異常が無い状態
 

緊張やストレスでピント機能に異常(テクノストレス眼症)

 

個人差の大きい”ピント調節力”を計測ピント調節機能解析装置「アコモレフ」
日本にはまだ500台ほどしか導入されていないと言われています。

「アコモレフ」常設店
南浦和西口駅前通り店、大宮東口駅前店、秩父中宮地店、鴻巣ウニクス店、深谷上柴西店、古河イオン店
※常設店意外でも、期間限定で設置しております。
スケジュールはこちら:https://www.aimegane.com/news/3750/

<調査概要>
有効回答数 全国のビジネスパーソン男女500名(男性250名/女性250名)
調査期間  2019年2月14日~2019年2月19日
調査方法  インターネットリサーチ

※本リリースによる調査結果をご利用いただく際は、「アイメガネ調べ」と付記のうえご使用くださいますようお願い申し上げます。

アイメガネ「古河イオン店」グランドオープン3月1日(金)よりオープニングセール開催!
 アイメガネ「古河イオン店」はメガネ、コンタクトレンズ、補聴器を取り扱う目と耳のトータルケアショップです。店内はウッド調で心地の良い空間でメガネ選びや補聴器選びができ、経験豊富なスタッフが皆様の「視える」と「聴こえる」をサポートいたします。
 また、眼のピント調節機能が測定できる話題の調節機能解析装置「アコモレフ」を常設し、楽に視えるメガネづくりをご提案いたします。

■アイメガネ古河イオン店
【取扱商材】
メガネ・コンタクトレンズ・補聴器

【店舗情報】
住所:茨城県古河市旭町1-2-17 イオン古河店 2階
電話番号:0280-33-0001
営業時間:10:00~20:00 ※年中無休
アクセス:JR古河駅 徒歩14分 国道4号線沿い
 

アイメガネ古河イオン店 店舗イメージ

「アイメガネ」について
 アイメガネは、埼玉県を中心に関東50店舗を運営する創業50年のメガネショップです。”I LOVE EYE”が店名の由来であり、「目と耳の身近なアドバイザー」をモットーに「アコモレフ」など最新のテクノロジーをいち早く取り入れ、お客様のライフスタイルに合わせたメガネをご提案しています。

【会社概要】
会社名  アイジャパン株式会社
代表   代表取締役 兼 社長執行役員 澤田泰行
資本金  1億円
設立   1964年11月
所在地  埼玉県さいたま市北区宮原町1丁目505番地1
電話番号 048-660-1111(代表)
URL   https://www.aijapan-net.co.jp/

 


掲載元:PR TIMES

Selected by COCOLOLO ライフ magazine 編集部