「音」をテーマに、子どもの聴く心・感じる心を育む子育てサロン。明星大学と連携で開催


京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)では、沿線での学びの機会を提案する「京王アカデミープログラム」の一環として、沿線で子育てをするご家族に向けて、10月17日(水)に「京王あそびの森 HUGHUG <ハグハグ>」にて「子育てサロン~耳をすまして心ワクワク!音あそび・アニマルシアター~」を開催します。

今回は、明星大学と連携して、日頃なじみのある「音」をテーマとした子育てサロンを実施します。講師は、特任教授の山下晶子氏と教育学部の現役大学生、そのほかNPO法人「『音』を『楽』しむONGAKUの会」からお招きします。

身近な道具を使用して「音」に着目した手作り楽器を作成し、心静かに音に耳を傾けて感性を養うほか、森に見立てた劇の世界で「音」や「音楽」から紙に描かれた森の動物たちを見つける「アニマルシアター」を行います。身の回りやなじみある動物たちの「音」を通じて、聴くことの楽しさや子育てのヒントを気軽に学ぶことができます。当社では、「京王アカデミープログラム」として、京王沿線地域の多様で豊かな文化資産を活用し、京王沿線の大学・団体などとの連携による「文化(歴史・文学・音楽・美術・自然・科学など)」・「教育」・「子育て」に関する『学びプログラム』を定期的に実施しています。沿線の文化資産に触れる機会を創出するとともに、学び・成長のきっかけを提供することで、沿線での幸せな暮らしへとつなげていくことを目指します。


≪アニマルシアター(イメージ)≫

.プログラム概要

(1)名  称 「子育てサロン ~耳をすまして心ワクワク!音あそび・アニマルシアター~」

(2)開催日時 10月17日(水)
①10:00~12:20 ②14:00~16:20
※プログラムには会場施設内をご利用いただける自由行動時間を含みます。
(3)場  所 京王あそびの森 HUGHUG <ハグハグ>
(京王線多摩動物公園駅下車すぐ)
(4)協  力 明星大学 教育学部
(5)内  容

※「ペープサート」・・・紙人形劇を意味する「paper puppet theater」(ペーパー・パペット・シアター)を語源する造語で、棒の表裏に別の絵を貼り合わせた紙人形を裏返しながら演じる劇。

(6)対  象 2~6歳のお子様と保護者(2名1組)
(7)参 加 費 1組1,500円(税込)
(8)定  員 各回40組80名 ※応募多数の場合は抽選となります。
(9)募集期間 8月20日(月)11:00~9月20日(木)17:00
(10)応募方法 京王ホームページ 京王アカデミープログラム
www.keio.co.jp/keioacademy/)応募フォームからお申し込みください。
※当選の方のみ、9月28日(金)頃までに当選通知メールをお送りします。
※参加費は、当日会場にてお支払いをいただきます。
※ご応募いただいたお客様の個人情報は、当選通知およびイベントに関する事務
以外の目的で使用することはございません。

.お客様のわせ
京王電鉄広報部 京王アカデミープログラム担当
TEL.042-337-3250 (平日10:00~18:00)
以 上

【参考】講師略歴
山下 晶子やました あきこ
明星大学教育学部教育学科特任教授。
30年以上の公立保育園保育士、園長の経験を活かし、
地域子育てに関わる事業を担当。保育園の親子、地域
の親子の子育て支援を精力的に行う。

池田 邦太郎(いけだ くにたろう)氏
NPO法人「音」を「楽」しむONGAKUの会 理事長。
小中学校の教諭を25年間務め、その後フリーの音楽
プランナーに転向。「音」を「楽」しむことを大切にした
音楽教育を展開する。
「明星大学教育・保育セミナー」の講師としても活躍。


掲載元:PR TIMES

Selected by COCOLOLO ライフ magazine 編集部