便秘に悩む女性の7割が感じている便秘を生み出す原因とは?


オハヨーバイオテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 野津 基弘)が運営するロイテリ菌に関する総合情報サイト「ロイテリ菌研究所」(https://ohayo-bio-reuteri.com)は、30代~60代の便秘に悩む女性217名に対して、便秘の原因となっているものに関するアンケート調査を実施しました。 

・便秘に悩んでいた女性が行っていた習慣

「Q. あなた自身が便秘の原因だと考えているものを全て教えてください。」という質問をしたところ、運動不足が最も多い72.4%となり、次いで体質やストレス食事といった項目が並びました。

便秘解消というと、食生活の見直し(食物繊維や発酵食品)やストレッチをイメージする方もいると思いますが、便秘の原因としては運動不足だと感じている方が非常に多いようです。

・便秘に悩みだした年齢は?

次に、「Q.便秘に悩みだしたのはいつからですか?」と質問したところ、半数以上の方が20代から便秘に悩み始めたと回答しました。

逆に、30代を過ぎてから便秘に悩み始める方も40%以上いるため、運動不足や筋力の低下から便秘になるというのも納得です。

ただ、早い方は本当に早く、「小学校に入る前」や「生まれた時から」と回答した方もいらっしゃいました。

・便秘解消のために行ったことは?

次に、「Q.便秘解消のために行っていることをすべて教えてください。」と質問したところ、半数以上の方が水分補給と回答し、有名な食物繊維や発酵食品(乳製品)も50%弱と人気を集めていました。

一方で、便秘の原因として圧倒的に声が大きかった「運動不足」ですが、実際に対策をしている方は20%にも満たないことがわかりました。

やはり、原因だとわかっていたとしても、なかなか運動不足を解消できないため、食生活の部分から治していく方がとても多いようです。

また、表には入れていませんが、「その他」の回答として「便秘薬を使用している」と回答した方も多かったです。

最後に、便秘を解消したいと考えている方が「実践している・実践したいと考えている」ことはなにか、聞いてみました。

【今行っていること】

「野菜不足に気をつける」

「発酵食品を取るようにしている」

「1日でも便が出ない時は、寝る前に腹部を丹念にマッサージするようにしている。何もしないよりも効果はあると思う。」

「運動不足なのでストレッチなどの無理のない運動で腸を刺激したい」

「朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲み、朝食にはヨーグルトを必ず食べていると調子が良いです」

「便秘解消にいいという食材をよく摂取している。リラックス効果のアロマを利用している」

「食物繊維や生きた乳酸菌を美味しく摂取し、ウオーキングと入浴を楽しみながら解消に近付けている。」

【これからやろうとしていること】

「朝起きたら、イオンウォーターを飲む・ヨーグルト、納豆はほぼ毎日食べる・気分的に、あまり便秘のことを気にしない」

「今は何もしてないので、運動と食物繊維の摂取をやっていきたい」

「テレビで女医さんが紹介してたロイテリ菌をとりたい」

「毎食数種類の野菜を摂取できるようにしたい。」

「生きて腸まで届く乳酸菌を取りたい」

【その他】

「朝起きてすぐにコップ1杯の水を飲み、朝食にはヨーグルトを必ず食べていると調子が良いです」

「特に何もしていないが、何もしなくても便秘にならなければいいと思う。」

「シリアルとヨーグルトを毎日食べようと思うが続かない」

==============================================================
調査概要
調査の企画: オハヨーバイオテクノロジーズ株式会社
調査の目的: 便秘に関するアンケート
調査方法: Webアンケート
調査対象地域:全国
調査母集団: 30代~60代の便秘に悩む女性
調査対象者: うちアンケートに回答があったユーザー
有効回答数: 217名
調査の期間: 2018年2月28日
==============================================================


掲載元:PR TIMES

Selected by COCOLOLO ライフ magazine 編集部