腰をゆっくり回す体操と呼吸法でパワーをアップしよう


腰を回す体操と腹式呼吸で午後に向けてリフレッシュ!

長時間同じ姿勢で座リ続けることは、身体に悪影響を及ぼします。
座っている間、血液は下肢に集まりやすくなります。
血流が悪くなると、疲労や倦怠感をはじめ、あらゆるトラブルの原因になってしまいます。

また、悪い姿勢で座っていると骨盤が歪んでしまいます。
骨盤が歪むと骨盤まわりの血液やリンパの流れが悪くなり、体の機能が衰えてしまうのです。

さらには、骨盤まわりの筋力が衰えることで筋肉量が少なくなるため、代謝が落ちてしまいまいます。
その結果、自律神経のトータルパワーが不足してしまいます。

座りっぱなしだった方も、お昼休みに腰をゆっくり回す体操と呼吸法をして、リフレッシュしてくださいね。

〜やり方〜

  1. 足を肩幅に広げて立ちます。
  2. 膝を楽にして腰を少し落とします。
  3. 右手を左肩、左手を右肩にのせます。
  4. 膝を緩めて腰を少し落とします。
  5. 上半身は動かさないようにして腰だけを回します。
  6. 腰を回している間は息を吐きましょう。

ゆっくり腰を回すことがポイントです。
痛みがある方は決して無理しないようにしてくださいね♪

 


著者:一般社団法人日本ボディリズムマネジメント協会