白神山地の景色を見てマインドフルネスな状態になろう


自然映像を見て、ゆっくり呼吸をしながら、マインドフルネスな状態になりましょう。

〜やり方〜

  1. 知る:映像の背景を知ることで、より意識を集中させやすくなります。

    この映像は、原生的なブナ林が世界最大級の規模で分布する、白神山地の映像です。
    青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がる広大な山地帯で、屋久島と共に1993年に日本で初めて世界自然遺産に登録されました。
    西部に位置する大小33の湖沼からなる十二湖のうちの1つ、「青池」の透き通るブルーは、吸い込まれそうな美しさでしょう。
    また、白神山地内の暗門川にかかる「暗門の滝」は、3つの大滝からなり、いずれも迫力のある姿を見せています。
    白神山地の中で、数少ない貴重な高層湿原である「田苗代湿原(たなしろしつげん)」では、春から夏にかけて数々の高山植物が色とりどりに咲き乱れ、秋にはブナの紅葉が楽しめます。
    人為の影響をほぼ受けず、本来の姿を保つ白神山地の美しさと力強さをご堪能ください。

  2. 口からゆっくり息を吐いて、意識を解放する

    次に、白神山地の美しい自然映像を見ながら、20秒間かけて、口からゆっくりと息を吐きます。
    このとき、「2」とは反対に、解放感のある引いた映像になりますので、「2」で集中させた意識をしっかり緩めましょう。

「2」と「3」の動作を3回繰り返すことで、雑念が消え、マインドフルネスな状態になることができます。

 


著者:COCOLOLO編集部
監修:皇村昌季(順天堂大学医学修士/インド中央政府公認ヨガ・セラピスト/ディープヒマラヤ伝統ヨギ)