短い仮眠タイムで心と体を疲れを回復しよう!


短時間の仮眠で脳の疲れを回復させよう。

午後に向けて、しっかりと心と体を整え、より良い一日にしましょう。
オススメなのが、脳と体の疲れを取り去ってくれる「5~15分程度の仮眠」です。

短時間の昼寝には、適度な疲れを癒してくれる効果があります。
午前中の疲れも回復するはずでしょう。
そもそも疲れというものは、体の疲れよりも、脳の疲れによる影響が大きく、5分程度の仮眠でも脳を休ませる(回復させる)ことで、自然と体の疲れも消えていきます。

〜やり方〜

  1. スムーズに睡眠に導入するため、浅くなってきた呼吸を整えます。
  2. 鼻から息を3秒吸って、1秒止めます。
  3. 口をすぼめて、6秒かけて吐いていきます。
  4. 10秒間1サイクルなので、1分間6サイクルとなります。
  5. 呼吸が整ってきたら、そのまま5~15分程度の仮眠を取りましょう。

著者:一般社団法人日本アスリートウォーキング協会