マインドフルネスに自然を眺めて疲労を解消しよう


マインドフルネスに自然を眺めて心の疲労を回復させよう

オススメは、マインドフルネスに自然を眺めることです。

たとえば、ランチの行き帰りの道で一歩足を止めて、マインドフルネスに周りを見る習慣を身につけましょう。

〜やり方〜

  1. オフィス、学校、あるいは家の近辺などで、自然の多い場所に腰を落ち着けて座ってみましょう。(公園のベンチなど)
  2. 辺りを見渡し、目に映る自然の色の名前をつぶやきましょう(たとえば、「鮮やかな緑色の樹木」、「青々とした芝生」など)
  3. がんばって10個の色の名前をつぶやきましょう。

心が疲れていると、周りの景色に気付かなかったり、景色が灰色のように見えたりするものです。

自然に目を向け、その色を確認し、声に出してみることで、脳内に色のイメージが広がり、本来のイメージ認識力を取戻し、心の疲労を回復することができます。


著者:COCOLOLO編集部