草津町の景色を見て マインドフルネスな状態になろう


自然映像を見て、ゆっくり呼吸をしながら、マインドフルネスな状態になりましょう。

〜やり方〜

  1. 知る:映像の背景を知ることで、より意識を集中させやすくなります。

    この映像は、豊かな自然や温泉に囲まれた草津町の映像です。
    群馬県北西部に位置する吾妻郡の町で、硫黄臭の強い草津温泉を表し、「臭(くさ)水(うず)」と呼ばれたことが地名の由来と言われています。
    草津町には日本三名泉の1つである草津温泉があり、温泉街の中心に位置する「湯畑」では、毎分4000リットルの温泉が湧き出ており、いつも湯けむりを上げています。
    また、最後の映像にもある標高2,160mの活火山「草津白根山」の山頂には、火口湖「湯釜」が形成され、美しいエメラルドグリーンの色が神秘的な雰囲気を醸し出しています。
    見ているだけで人々に温かさや安らぎを感じさせてくれる草津町の景色をどうぞお楽しみください。

  2. 鼻から息を吸って、意識を1点に集中させる

    草津町の美しい自然映像を見ながら、10秒間かけて、鼻から息を吸います。
    このとき、映像がある1点にフォーカスされていきますので、全ての意識をそこに向けましょう。

  3. 口からゆっくり息を吐いて、意識を解放する

    次に、草津町の美しい自然映像を見ながら、20秒間かけて、口からゆっくりと息を吐きます。
    このとき、「2」とは反対に、解放感のある引いた映像になりますので、「2」で集中させた意識をしっかり緩めましょう。

「2」と「3」の動作を3回繰り返すことで、雑念が消え、マインドフルネスな状態になることができます。

 


著者:COCOLOLO編集部
監修:皇村昌季(順天堂大学医学修士/インド中央政府公認ヨガ・セラピスト/ディープヒマラヤ伝統ヨギ)