過度なストレスにならないために 腹式呼吸をしよう!


腹式呼吸で適度なストレス状態を保とう

「腹式呼吸で集中力を高めましょう!」
大事な仕事の場面など緊張時にオススメなのが、アスリートウォーキングと同様の効果が得られる腹式呼吸です。

ストレスは「悪いもの」と捉えがちですが、ストレスの一つでもある緊張感が良い結果をもたらしてくれる場合があります。

良い刺激材料となるからです!ただ、この状態が長く続くとストレス過多になる可能性もあります。

理想的な状態を保つためにも、腹式呼吸を行い、呼吸に意識を向ける時間を作りましょう。
また、適度なストレスは力を発揮するために必要なものなので「今、感じている緊張感は良いものだ」と捉え直し、自分の気持ちを高めましょう。

〜やり方〜

  1. ゆっくり鼻から息を吸います
  2. ゆっくり口から息を吐きます
  3. 息を吐くときは、吸う時よりも時間をかけて細く長く吐きましょう
  4. 2~4を10回行いましょう

著者:一般社団法人日本アスリートウォーキング協会