動物の赤ちゃん画像で幸せホルモンを増やそう


プチアニマルセラピー!

少し頑張りすぎたりしていませんか?
この辺りで少し一息入れて、リフレッシュしましょう。
ここでオススメなのが、動物の赤ちゃんの画像を見ることです。

アニマルセラピーという言葉をご存知でしょうか?

犬や猫などのペットと暮らすとストレスが低減し、長生きする、家族の会話が増えたなど、 動物との触れ合いによる様々な癒し効果が明らかになってきています。

イギリスのある研究では、犬と暮らすことで高血圧の飼い主の血圧が低下したという報告もあります。

犬や猫と接することで、「オキシトシン」というストレス低減ホルモン(通称”幸せホルモン”)が分泌されると言われております。

私たちCOCOLOLO編集部が協力した某TV番組での実証実験でも、猫との触れ合いが、副交感神経を高める効果が確認されました。

実際の動物に気軽に触れ合う機会がない場合でも大丈夫です。

〜やり方〜

  1. インターネットで検索して、子犬や子猫など、動物の赤ちゃんの画像をゆったりした気持ちで眺めてみましょう。
  2. オススメは、お気に入りの動物の赤ちゃんの画像を3枚ほど選び、各画像を20~30秒づつ交互に眺めることです。
  3. 息を長めに吐きながら、画像を見ると更に効果的です。

気持ちが落ち着き、午後の集中力アップにも良い効果が見込めます。

 


著者:COCOLOLO編集部