高知の景色を見てマインドフルネスな状態になろう


自然映像を見て、ゆっくり呼吸をしながら、マインドフルネスな状態になりましょう。

 

〜やり方〜

  1. 知る:映像の背景を知ることで、より意識を集中させやすくなります。

    この映像は、歴史と自然が融合する高知の映像です。
    最初に見られるのは、四万十川にかかる「勝間沈下橋」です。
    橋脚が3本ある珍しい沈下橋で、釣りバカ日誌の撮影現場としても有名なスポットになっています。
    歴史的景観を誇る「高知城」や、四国三大祭りの一つ「よさこい祭り」も高知の見どころの1つでしょう。
    高知城は、江戸時代に土佐藩の藩庁が置かれ、日本100名城に選定されています。
    最後に見られるのは、竜王岬と竜頭岬の間に広がる「桂浜」です。
    五色の砂浜と松の緑が調和する、高知県を代表する景勝地で、「月の名所は桂浜・・・」と、よさこい節でも唄われています。
    自然や食、歴史や文化など、数々の魅力にあふれる高知の景色をご堪能ください。

  2. 鼻から息を吸って、意識を1点に集中させる

    高知の美しい自然映像を見ながら、10秒間かけて、鼻から息を吸います。
    このとき、映像がある1点にフォーカスされていきますので、全ての意識をそこに向けましょう。

  3. 口からゆっくり息を吐いて、意識を解放する

    次に、高知の美しい自然映像を見ながら、20秒間かけて、口からゆっくりと息を吐きます。
    このとき、「2」とは反対に、解放感のある引いた映像になりますので、「2」で集中させた意識をしっかり緩めましょう。

「2」と「3」の動作を3回繰り返すことで、雑念が消え、マインドフルネスな状態になることができます。

 


著者:COCOLOLO編集部
監修:皇村昌季(順天堂大学医学修士/インド中央政府公認ヨガ・セラピスト/ディープヒマラヤ伝統ヨギ)