GABAを摂取してリラックスしよう~キムチ編~


キムチを食べてリラックス?

これから夕食を食べる方にオススメなのは、キムチや、漬け物などの発酵食品です。

これらの発酵食品には、リラックス効果をもたらすGABA(γ(ガンマ)アミノ酪酸)が含まれることが知られています。

GABAはアミノ酸の一種で、副交感神経の活動を活発にし、ストレスを抑制してくれるという研究結果があります。

また、血液中にGABAが増えると成長ホルモンが分泌され、タンパク質の合成を促進するため、脳の機能を活性化する作用も期待できます。

GABAでリラックス効果を高めることで、夜の睡眠の質を高めることもできるので、夕食時にぜひ、キムチや漬け物などの発酵食品を食べてみましょう!


著者:COCOLOLO編集部