朝日を浴びてセロトニンを増やしストレス解消しよう


太陽のパワーで自律神経を整えよう

朝にオススメなのは、『朝日を浴びること』です。

日光を浴びることで、体内で抗ストレス物質の「セロトニン」が増えてくれます。
セロトニンは体内時計の調節ホルモンとして自律神経を整えることに作用し、うつ・不安の改善やストレス軽減に効果があると言われています。

太陽以外の光でもセロトニンを増やすことは可能ですが、セロトニンの増加を促進するには2500~3000ルクスの強さの光が必要と言われているので、部屋の照明では難しいです。

朝起きたら、カーテンを広く開けたり、ちょっと外に出て太陽の光をしっかり受け止める習慣をつけてみてください。

ほんの5分程度の日光浴でも、十分にストレス軽減の効果が期待できます。
例えば、沖縄の離島の「久米島」では「畳石」が朝日を浴びるのに打ってつけのスポットです。
溶岩が固まって冷えて形成された亀の甲羅のような平坦な岩が広がる不思議なビーチで、どこまでも青く透明な沖縄の海に囲まれて静かに楽しむ日光浴は格別です。

ぜひお近くの広々としたスポットで朝の太陽のパワーをもらってみてください!


著者:管理栄養士/駒澤 希恵