効果的な音楽と呼吸活用法で深い眠りにつこう


ゆったりとした音楽を聴いて質の良い眠りを

ここでおススメなのは、音楽と呼吸を活用して深い眠りにつく方法です。

寝るときに音楽を聴くとよく眠れると聞いたことがある方も多いと思います。
実は、「睡眠中の音楽」というものは睡眠を妨害してしまいます。
音楽を聴く行為は、脳を使うことが必要なのです。

正確にいうと、「寝るための準備のために」音楽を聴くと効果があります。
深い眠りにつくためには、脳をリラックス状態にする必要があるためです。

音楽が睡眠の改善につながるということを示した研究結果が多く出ています。
ある実験では、音楽は体のリズムや呼吸数、心拍数、脳波を同調させるということ確かめることができたそうです。
また、ある高齢者施設で眠る前に音楽を聴いてもらったところ、35%の方に睡眠の改善効果があったそう。

ゆったりとした心地よい音楽、静かな音楽、自然の音などを聴くと気持ちが穏やかになったという経験ありませんか。
このように精神を落ち着かせ、リラックスさせてくれる音楽を寝る前の1時間~30分ほど前を目安に聴くと、深い眠りにつくことができます。

〜やり方〜

  1. 就寝予定時間の1時間ほど前から始めます。
  2. 部屋の照明は、白熱灯や電球色のあかりが向いています。
    間接照明がベストです。
  3. 心拍数と同じ、またはゆっくりとした速度の音楽を選びましょう。
  4. 静かな音量で流します。
  5. カラダの力を抜き、リラックスして呼吸を音楽に同調させていきましょう。
  6. 吐く息のみ意識していきます。

睡眠時間も重要ですが、よい眠りのパターンについて知ることも大切です。

 


著者:一般社団法人日本ボディリズムマネジメント協会