腕を伸ばしてねじる体操でストレスをリセットしよう


腕をねじる簡単な体操で筋肉のこりをほぐそう!

 

パソコンやスマホを長く見過ぎてしまったりすると、姿勢が悪くなるため、血流やリンパの流れが停滞し、副交感神経の活動を低下させます。
これでは、自律神経のバランスが悪くなり、ストレスにつながります。

これを解消するため、腕の筋肉を軽く動かしてみましょう。

〜やり方〜

  1. まず、大きく深呼吸して呼吸を整えます。
  2. 右腕を体の右脇に水平にゆっくりと伸ばします。
  3. 伸ばした右腕全体を外回りにゆっくりねじっていきます。
  4. 無理のない範囲で限界までねじったら、そのまま大きく3回呼吸します。
  5. ゆっくりとねじりを元に戻し、右腕を下げます。
  6. 左腕も同様に行い、これを左右交互に3セットずつ行いましょう。

腕の関節を動かすことで、血のめぐりがよくなり、筋肉のコリがほぐれ、副交感神経を上げることができます。

頑張りすぎたり、疲れを感じた時には、腕を伸ばしてねじる体操でストレスをリセットしていきましょう!


著者:COCOLOLO編集部