食前6:4ウォーキングで遠回りしてランチへ行こう


リズミカルな6:4ウォーキングでストレスを解消!

激しい運動ではなく、無理なく安定した呼吸で行えるウォーキングは、自律神経バランスも整えてくれます。
自律神経バランスが整うと人はリラックス状態になり、全身の血の巡りも良くなるようです。

さらに、吐く息を長めにし、ゆったりとした呼吸を心がけることで、リラックス効果はさらに高まり、ストレスを解消してくれます。

特に、食前ウォーキングはデスワーカーや体をあまり動かさない人にとって自律神経バランスを整える効果があります。
ぜひランチに出かける時は少し遠回りして、呼吸を意識しながらウォーキングをしてみてくださいね。

 

〜6:4ウォーキング呼吸のやり方〜

  1. 呼吸を行う際は、鼻から息を吸い、口から吐き出します。
  2. リズミカルに6歩吐き、次に4歩吸います。
  3. 息継ぎまでにしっかりと息を吐き切ってしまうことを意識しましょう。
  4. 吸う息よりも吐く息に重点を置くようにします。
  5. 息苦しさを感じたら、吐く息に意識を集中させるように心掛けましょう。

6:4ウォーキング呼吸法専用の曲に合わせて行うとさらに効果が高まりますよ♪

 


著者:一般社団法人日本ボディリズムマネジメント協会