階段上りで心と体のコンディションを整えよう


リズミカルな階段上りでセロトニンを活性化!

なんだかやる気がでない……。だれでもこんな気分になる時は必ず訪れます。
こういう時は、体の状態を整えることがいちばんです。

体を動かすことで血流がよくなります。
疲れない程度の運動、階段を上り下りなどリズミカルな動きによって、副交感神経が高まり、自律神経のバランスはよくなってきます。

さらに、深い呼吸を意識してリズミカルな運動をすることで、セロトニン神経が活性化します。

「ぐったり」になってから休むのではなく、心と体のコンディションを整えるために意識的に休憩する習慣がつくとよいですね。

〜やり方〜

1.階段を上る前に息を吸います。

2.息を吐きながら上り始めます。

3.「1、2、3、4」と息を吐きながら4段上ります。

4.「1、2」と息を吸いながら休みます。

5.息が苦しくなければ、「1、2、3、4」と息を吐きながら4段上り、「1、2」と息を吸いながら2段上りましょう。

※階段を下りるときは平地歩行と同様に、息を吸うときも2 段下ります。

 


著者:一般社団法人日本ボディリズムマネジメント協会