時短料理で心も体もスッキリしよう!~お手軽ネバネバ丼編~


皆さん、セロトニンというホルモンをご存じですか?
別名「幸せホルモン」と呼ばれ、脳が幸福を感じたり、リラックスできる物質がセロトニンというホルモンです。
これが多く分泌されるとストレスに強くなり、朝の目覚めも良くなります。

実は、95%腸で作られているので、腸内環境をよくすることがとても大事です。

それには発酵食品を摂ることがおススメです。さらに繊維質も腸内環境の整備には必要です。

今回は手軽にとれる発酵食品を使った時短レシピをご紹介します!

☆身体もスッキリ!お手軽ネバネバ丼☆で目覚めの良い身体に整えよう!

材料(1人分)

  • ごはん…茶碗1杯(150g)
  • アボガド…1/4個
  • 山いも…20g
  • オクラ…2本
  • 納豆…1パック(タレも使用)
  • ごま油…適宜
  • ミニトマト…2個
  • 刻みのり…少々
  • 梅チューブ…適宜

作り方

  1. アボカドと山いもは、皮をむいて一口大に、オクラはさっと湯通しして、5mm厚さに切る。納豆はタレとごま油と混ぜておく。
  2. ごはんを器に盛り、1とミニトマト、梅チューブを彩りよく盛り付ける。
  3. 上から刻みのりをふりかけて出来上がり!

ちょっとラクして忙しい夜に余裕を持たせ、栄養バランスの整った食事をしっかり取ることで、次の日の目覚めを良くする身体に整えていきましょう!

 


著者:管理栄養士/駒澤 希恵