心が落ち着かない朝は顔を上げて木を見よう


上を向いて過ごそう!

いつもより10度、顔の角度を上げて過ごしてみることをオススメします。

こうすることで、普段は見落としがちだった周りの景色が見えてくるはず。見える景色の中から、あなたの気になる木を見つけてみましょう。
木々の色や形は見ているだけでも癒し効果
があります。

仕事や家事や勉強など、室内の作業で疲れを感じたり、もやもやとする気持ちの時には、窓の外の木々を眺めたり 休み時間には少しの時間でも外へ出て、木のある場所へ行ってみましょう。

木を見たら、口から大きく息を吐き、鼻からゆっくり木々の空気を身体いっぱいに取り入れてみてください。木の香りをかぐことで、きっとゆっくりと気持ちも落ち着くはず。

心を落ち着けて、今日も1日あなたのペースで参りましょう!

 


著者:森林セラピスト 小野なぎさ