金沢の景色を見てマインドフルネスな状態になろう


景色映像を見て、ゆっくり呼吸をしながら、マインドフルネスな状態になりましょう。

〜やり方〜

  1. 知る:映像の背景を知ることで、より意識を集中させやすくなります。

    この映像は、美しい金沢の映像です。
    金沢は、江戸時代には加賀藩(「加賀百万石」)の城下町として栄え、人口規模では江戸・大坂・京の三都に次ぎ、名古屋と並ぶ大都市でした。
    岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の一つに数えられている兼六園の癒し風景や、明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残る「ひがし茶屋街」の映像で「和」の雰囲気に浸りましょう。

  2. 鼻から息を吸って、意識を1点に集中させる

    金沢の美しい景色映像を見ながら、10秒間かけて、鼻から息を吸います。
    このとき、映像がある1点にフォーカスされていきますので、全ての意識をそこに向けましょう。

  3. 口からゆっくり息を吐いて、意識を解放する

    次に、金沢の美しい景色映像を見ながら、20秒間かけて、口からゆっくりと息を吐きます。
    このとき、「2」とは反対に、解放感のある引いた映像になりますので、「2」で集中させた意識をしっかり緩めましょう。

「2」と「3」の動作を3回繰り返すことで、雑念が消え、マインドフルネスな状態になることができます。

 


著者:COCOLOLO編集部
監修:皇村昌季(順天堂大学医学修士/インド中央政府公認ヨガ・セラピスト/ディープヒマラヤ伝統ヨギ)