江ノ島・鎌倉の景色を見てマインドフルネスな状態になろう


景色映像を見て、ゆっくり呼吸をしながら、マインドフルネスな状態になりましょう。

〜やり方〜

  1. 知る:映像の背景を知ることで、より意識を集中させやすくなります。

    この映像は、昔ながらの風情を残す江ノ島・鎌倉の映像です。
    前半の映像にある「江ノ島」は、湘南を代表する景勝地であり、日本百景の地として古くから観光名所にもなってきました。
    江ノ島展望台や、“江の電”として愛される「江ノ島電鉄」からは、富士山の雄大な姿と、美しい海を一望できます。
    また「鎌倉」は、鎌倉幕府が置かれた都市として、鎌倉時代の政治において最も重要な位置を占めてきた地域です。
    後半に出てくる“あじさい寺”とも呼ばれる「明月院」や、圧倒的な存在感を放つ“鎌倉大仏”で名高い「高徳院」、そして鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として知られる「鶴岡八幡宮」の映像で、どこか懐かしい気持ちを味わいながら、鎌倉の魅力を堪能しましょう。

  2. 鼻から息を吸って、意識を1点に集中させる

    江ノ島・鎌倉の美しい景色映像を見ながら、10秒間かけて、鼻から息を吸います。
    このとき、映像がある1点にフォーカスされていきますので、全ての意識をそこに向けましょう。

  3. 口からゆっくり息を吐いて、意識を解放する

    次に、江ノ島・鎌倉の美しい景色映像を見ながら、20秒間かけて、口からゆっくりと息を吐きます。
    このとき、「2」とは反対に、解放感のある引いた映像になりますので、「2」で集中させた意識をしっかり緩めましょう。

「2」と「3」の動作を3回繰り返すことで、雑念が消え、マインドフルネスな状態になることができます。


著者:COCOLOLO編集部
監修:皇村昌季(順天堂大学医学修士/インド中央政府公認ヨガ・セラピスト/ディープヒマラヤ伝統ヨギ)