朝の支度をしながら鼻歌を歌ってみよう


鼻歌でストレス気味のキモチを整えよう!

朝におススメなのは、『鼻歌』を歌いながら外出の支度や掃除や洗濯などを行うことです。

『鼻歌』とは口をとじたまま小声で歌うこと。
気分が良い時に自然と鼻歌を歌った経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

現代社会では、7割の人が口呼吸になっていると言われています。本来、呼吸は鼻でするもの。
口呼吸は、集中力・免疫力・睡眠の質の低下、イビキ、睡眠時無呼吸症候群の原因になる他、二重アゴやほうれい線など美容面にも影響してしまいます。

そんなデメリットがいっぱいの口呼吸を改善できるのが『鼻歌』なのです。

 

『鼻歌』は誰もが無意識に鼻呼吸になるため、口呼吸を改善する練習になります。
鼻呼吸ができるようになると、免疫力が高まり風邪をひきにくくなります。
また、『鼻歌』は自然に腹式呼吸になり、呼吸の質が高くなります。
腹式呼吸はリラックス効果があり、ストレス気味のキモチを整えることができます。

このように嬉しい効果がたくさん『鼻歌』。
朝の支度をする時、ぜひ好きな曲を鼻歌でうたってみましょう。

 

〜やり方〜

  1. 口を閉じます。
  2. 口を閉じた状態で、鼻から声を出してみましょう。
  3. 鼻の頭を触ってみて下さい。ビリビリとした感触があればOKです。
  4. 楽しい気分になれるあなたの好きな曲を鼻歌で歌ってみましょう。

ゆったりとしたリズムの好きな音楽を聴きながら鼻歌を歌うのもおススメです♪


著者:一般社団法人日本ボディリズムマネジメント協会