顔ヨガで笑顔を作り出そう~歯を噛みしめる~


歯を噛みしめる顔ヨガで自律神経のトータルパワーをアップさせよう!

ランチ後の休憩時にオススメなのが、簡単にできる「顔ヨガ」です。

職場や学校などで、愛想笑いをしたり、場の空気を読んで神妙な顔をしたりと、豊かな表情をする機会が減ってしまうと、顔のしわが増えたり、弾力がなくなったりしてしまいます。

「顔ヨガ」をすることで、肌の細胞が内側から活性化され、肌を動かす筋力と弾力性を保つ顔の表情筋が鍛えられます。

これによって、いい笑顔を作ることができるようにり、自律神経のトータルパワーが上がります。

〜やり方〜

アプローチするのは、耳の上側にある「咀嚼筋」の一部である「側頭筋」です。

  1. アゴをあげ、歯を強く噛みしめます。
  2. 5秒間キープします。
  3. 5秒かけて、噛みしめをゆっくり緩めます。
  4. 耳の上に両手をあて、筋肉が動いていることを意識しながら、3回程度やりましょう。

ポイントは筋肉を動かしていることに集中することと、筋肉を使ってじんわり緩めることです。


ヘッドスパ専門『頭美人』より
監修者:大塚 明恵(トータルビューティサロンCAP代表)