通勤・通学マインドフルネスで 心を落ち着けよう


マインドフルネスで自律神経のバランスを整える!

『マインドフルネス』とは、「今この瞬間の自分の内面に意識を集中させること」です。

現代社会では、私たちはあまりにも多くの情報を浴びているため、脳が休まることのないマインドレスネスな状態に陥りがち。

そこで、通勤・通学の電車の吊り革につかまりながら、自分の意識を内面に向ける時間を5分間(1駅または2駅分)でいいので、取りましょう!

◆やり方◆

  1. まず、電車の窓の外を流れていく自然や建物、人、遠くの空を30秒ほど眺めます。
  2. 次にゆっくり目を閉じて、先ほど見た光景を頭の中で、なるべく正確に再現してみます。
  3. このとき、呼吸を意識しましょう。吐く息と吸う息の長さが2:1の割合になる呼吸を心がけましょう。

これを5分間(1駅または2駅分)行えば、自律神経のバランスは整い、1日を乗り切るコンディションを整えることができるでしょう!


著者:COCOLOLO編集部