関東圏の8割以上が通勤が不快な『痛勤族』!!痛勤改善のカギは◯◯◯カットにあった!


ソニーマーケティング株式会社は、1都3県(東京・埼玉・神奈川・千葉)に通う20~49歳の男女400名を対象に通勤・通学に関する意識調査を実施しました。働き方の見直しが進められる昨今、通勤環境の改善にも注目が集まっています。今回の調査では未だ通勤・通学環境に不快感を感じている『痛勤族』が大多数という結果になり、『生涯痛勤時間(電車)』は推定で平均約11,200時間にも及ぶことが判明。そして、この“痛勤”時間の不快感緩和のカギは、“ノイズ“カット=ノイズキャンセリングにあることが明らかになりました。

<調査結果トピックス>

◆80%以上の人が感じる通勤・通学電車の「不快感」!生涯換算すると推定で平均約11,200時間(1年3か月相当)にも及ぶ。「できればなくしたい時間」という回答が多数!

① 他者との密着度の高い通勤・通学電車に乗車している人は過半数!
② 通勤・通学電車に対して「不快感を感じる」と回答した人は全体の80%超!「到着前から帰りたい」という声も…
③ 1都3県の電車通勤者の乗車時間は片道平均34.82分。『生涯痛勤時間(電車)』に推定換算すると平均約11,200時間に及ぶ。「できればなくしたい時間」という回答が多数!

◆避けられない混雑電車を快適にするのは“ノイズ”カットだった!ノイキャン イヤホン・ヘッドホン使用者は通勤・通学の不快感が30ポイント少ない結果に

④ 周囲の“ノイズ”をカットしているノイキャン イヤホン・ヘッドホン使用者は、非使用者に比べて電車内で「不快感を感じる」という回答が30ポイント少ない結果に!
⑤ ノイキャン イヤホン・ヘッドホンの使用で「通勤・通学の不快感が低減したと思った」が76.0%!「気分が落ち着く」「不快感がやわらぐ」「パーソナルスペースが確保できる」などと実感している使用者も多数

<調査結果>

◆80%以上の人が感じる通勤・通学電車の「不快感」!生涯換算すると推定で平均約11,200時間にも及ぶ。「できればなくしたい時間」という回答が多数!
調査の結果から、電車を利用して通勤・通学する人のうち、他者との密着度の高い通勤・通学電車に乗車している人は全体の過半数を占めることがわかりました。また、「不快」や「できればなくしたい時間」と多くの人が回答した、ネガティブに捉えられている“痛勤”時間は、生涯時間に換算すると推定で平均約11,200時間(1年3か月相当)にも及びます。いかにこの時間を過ごしやすくするかで、日々の快適さが大きく変わってきそうです。

①他者との密着度の高い通勤・通学電車に乗車している人は過半数!
通勤・通学電車の混雑状況を聞いたところ、「他者と体が触れ合い、身動きが取れない」「身動きは取れるが、他者と体が触れ合うこともある」と回答した人が57.0%と、他者との密着度の高い通勤・通学電車に乗車している人が全体の過半数を占めていることがわかりました。

【図①】 ふだんの電車での通勤・通学における、混雑のレベルはどれくらいですか。(N=400)

②通勤・通学電車に対して「不快感を感じる」と回答した人は全体の80%超!「到着前から帰りたい」という声も…
①の調査結果のように混雑した電車での通勤・通学者が過半数の中、「ふだんの電車での通勤・通学における、不快感のレベルはどれくらいですか。」という質問に対し、「レベル6:どちらかといえば、不快感を感じる」~「レベル10:とても不快感を感じる」と回答した人は全体の80.2%にも及び、不快感レベルは平均6.92となりました。また、全体の83.3%の人が「ふだんの通勤・通学の電車が苦痛で、会社・学校に到着する前に帰宅したいと思うことがある」と回答し、多くの人が日々不快な通勤・通学時間を過ごす、「痛勤族」であることが判明しました。

【図②-1】 ふだんの電車での通勤・通学における、不快感のレベルはどれくらいですか。 (N=400)

 

【図②-2】 ふだんの通勤・通学の電車が苦痛で、会社・学校に到着する前に帰宅したいと思うことはありますか。 (N=400)

③1都3県の電車通勤者の乗車時間は片道平均34.82分。『生涯痛勤時間(電車)』に推定換算すると平均約11,200時間(1年3か月相当)に及ぶ。「できればなくしたい時間」という回答が多数!
今回の調査対象者のうち、通勤・通学で電車に乗車している時間は片道平均35.48分(N=400)、通勤者に限ると片道平均34.82分(N=386)となりました。また、「あなたにとって電車での通勤・通学時間はどのようなものですか。」という質問に対し、最も多く回答されたのが「できればなくしたい時間」となりました。平均年間勤務日数*1が約242日、仮に定年60歳で40年間働くとすると、「できればなくしたい時間」と多くの人が回答した『生涯痛勤時間(電車)』は、推定で平均約11,200時間*2にも及びます。これは、日数に換算すると約468日分になります。

※1 平均年間勤務日数=365日ー(平均年間休日総数:113.7 日+平均年次有給休暇取得日数:9.3日)=242日(参考:平成 30 年就労条件総合調査の概況 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/18/dl/gaikyou.pdf)※2 11235.25時間=平均片道通勤時間(電車)34.82分×往復×平均年間勤務日数242日×生涯通勤年数約40年想定(定年60歳)

【図③-1】 あなたにとって電車での通勤・通学時間はどのようなものですか。 (N=400)

◆避けられない混雑電車を快適にするのは“ノイズ”カットだった!ノイキャン イヤホン・ヘッドホン使用者は通勤・通学の不快感を30ポイント緩和
ノイズキャンセリング イヤホン・ヘッドホンを使用して“ノイズ”をカットしている人の電車内での不快感レベルは大幅に低いことが判明し、“ノイズ”カットが“痛勤・痛学“​改善のカギとなっていることがわかりました。

④周囲の“ノイズ”をカットしているノイキャン イヤホン・ヘッドホン使用者は、非使用者に比べて電車内で「不快感を感じる」という回答が30ポイント少ない結果に!

非ノイズキャンセリング イヤホン・ヘッドホン使用者に電車の中で感じる不快感のレベルを回答してもらった結果、83.0%の人が「レベル6:どちらかといえば、不快感を感じる」~「レベル10:とても不快感を感じる」と回答した一方で、ノイズキャンセリング  イヤホン・ヘッドホン使用者に、ノイズキャンセリング イヤホン・ヘッドホンを使用した際の電車内での不快感レベルを聞くと、30ポイント少ない53.0%となり、平均不快感レベルではレベル6.92に対し、レベル5.46という結果になりました。さらに、最も不快感が高いレベル10回答した人の数が、ノイズキャンセリング イヤホン・ヘッドホン使用者では非使用者の約1/4まで減少するなど、“ノイズ”カットは通勤・通学電車での不快感改善のカギであることが浮き彫りになりました。

【図④ー1(上)】 ふだんの電車での通勤・通学における、不快感のレベルはどれくらいですか。
【図④ー2(下)】 ふだんの電車での通勤・通学の際に、ノイズキャンセリング機能付きのイヤホン・ヘッドホンを使っている際の電車での通勤・通学における、不快感のレベルはどれくらいですか。

⑤ノイキャン イヤホン・ヘッドホンの使用で「通勤・通学の不快感が低減したと思った」が76.0%!「気分が落ち着く」「不快感がやわらぐ」「パーソナルスペースが確保できる」などと実感している使用者も多数
ノイズキャンセリング イヤホン・ヘッドホンを使用している人に「ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンを使うことで、ふだんの電車での通勤・通学の不満や不快感が低減したと思ったことはありますか。」という質問をしたところ、「よくある」「時々ある」が76.0%という結果になりました。

【図⑤ー1(左)】 ノイズキャンセリング機能付きのイヤホン・ヘッドホンを使うことで、ふだんの電車での通勤・通学の不満や不快感が低減したと思ったことはありますか。(N=200)
【図⑤ー2(右)】 通勤・通学の際にノイズキャンセリング機能付きのイヤホン・ヘッドホンで音楽を聞くことで、実感していることはありますか。(N=200)

ソニー製品情報
◆通勤・通学電車を快適にする完全ワイヤレス型イヤホン「WF-1000XM3」7月13日(土)発売!

WF-1000XM3

調査結果により明らかになった不快な通勤時間を、快適な音楽体験に変える完全ワイヤレス型イヤホン「WF-1000XM3」が新たに登場します。「WF-1000XM3」は、業界最高クラス(*1)のノイズキャンセリング機能を搭載。混雑した通勤・通学電車の中でも周囲のノイズを大きく低減します。完全ワイヤレスタイプのため、これからの暑い季節でも、快適にハイレゾ相当(*2)の高音質を楽しむことができます。また、一時的に音楽の音量を絞って、周囲の音を取り込んで聞き取りやすくする「クイックアテンションモード」を搭載。車内アナウンスなどを聞き取りたいときに便利な機能です。さらに、朝の充電忘れにも安心のロングバッテリーライフで、本体のみで 6時間、付属のケースで3回分充電して合計24時間(*3)の音楽再生が可能となっています。

※1:2019年6月1日時点、ソニー調べ。JEITA基準に則る。完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。
※2:DSEE HX ON時にCD音源やMP3などの圧縮音源をSBC/AACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96 kHz/24 bitまで拡張。
※3:コーデックはAAC、ノイズキャンセリング機能ON、DSEE HX やイコライザーOFF時。

●主な仕様や詳細に関しては、下記URLからご確認ください
『WF-1000XM3』
製品情報サイト:https://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000XM3/
コンセプトサイト:https://www.sony.jp/headphone/special/wf-1000xm3/

●全国5カ所(銀座、札幌、名古屋、大阪、福岡天神)のソニーストアでは、「WF-1000XM3」を初め、さまざまなヘッドホンに触れ、音楽を楽しめる空間「The Headphones Park in Sony Store 2019」を開催しております(7月28日まで)。ご自身のスマートフォンやプレーヤーでも、ぜひ「WF-1000XM3」のノイキャン性能を体験してみてください。イベント情報サイト:https://www.sony.jp/store/retail/event/hp-park201907/

参考情報
■「あなたのふだんの通勤・通学電車への乗車開始時間は何時頃ですか。」
という質問に対し、首都圏の鉄道で「ピーク時間帯」とされている7時台~8時台に63.5%もの人が通勤・通学電車に乗車していることがわかりました。 (N=400)

「音楽を聴くことは、あなたがふだんの電車での通勤・通学の時間を快適に過ごすのに効果があると感じていますか。」という質問に対し、「とても感じている」、「感じている」と回答した人は、全体の78.8%という結果になりました。(N=400)

■現在ノイズキャンセリング イヤホン・ヘッドホンを使用している人に、「あなたは将来的に、現在使用しているノイズキャンセリング イヤホン・ヘッドホンの性能に近い商品が、完全ワイヤレス型で発売されたら欲しいと思いますか。」と聞いたところ、「欲しい」と回答した人が72.5%と、大多数を占めました。 (N=200)

 


掲載元:PR TIMES

Selected by COCOLOLO ライフ magazine 編集部