花粉症には内服薬が効果的。でも、、、約半数が副作用で仕事に支障をきたした経験アリ!!


日本人の約4割が花粉症と言われている程、花粉症の症状には大変多くの方が悩まされています。そんな花粉症のシーズンが始まるのは1月からじわじわと起こり、2月でピークを迎えるため、早い人はすでに何らかの対策を講じていることでしょう。
しかし、対策を講じていても症状を完全に抑えることは難しく、また、薬の副作用が仕事に影響を与えることを懸念して、薬の服用をためらう方もいらっしゃいます。

そこで今回は、そんな花粉症の実態と対策について調査してみました。

≪調査概要:『花粉症の対策に関する意識調査』≫
◆調査日:2019年1月10日(木)~2019年1月11日(金)
◆調査方法:インターネット調査
◆調査人数:1,189人
◆調査対象:全国20代~60代男女
◆モニター提供先:ゼネラルリサーチ

  • 花粉症で最もつらい症状はもちろん・・・!?

まずはオーソドックスな質問で、「花粉症の症状で最もつらいものはなんですか?」という質問をしたところ、最も多かった症状は「鼻水」-55.9%となり、半数以上もの方が鼻水の症状に苦しんでいました。
次いで「目のかゆみ」-26.6%、「くしゃみ」10.5%と続き、中には重症化すると「発熱」を伴う方もいらっしゃいました。

 

  • 花粉症対策で行っていることで最も多かったのは「マスク」。では第2位は・・・?

次に、「花粉症の対策として行っていることを教えてください」という質問を行ったところ、最も多かった対策はやはり「マスクの着用」-75.6%となりました。

次いで「内服薬」-56.8%、「点眼薬」-44.0%、「点眼薬」-30.3%と、薬による対策が多く、症状の深刻さがこちらのグラフから感じられる結果となりました。

  • 薬は効果的だが「副作用」が悩みの種に。

上述した中で最も効果的な対策は「内服薬」46.8%となり、対策方法と逆転する結果となりました。

しかし、「クスリの副作用に悩まされた経験のある方」-39.9%は4割近くに上り、仕事や学業に影響を及ぼす可能性もあるのではないでしょうか。
では、仕事に影響のある方の割合と、副作用の内訳を見ていきましょう。

  • 半数の方が仕事に支障をきたし、業務内容から薬の服用をためらう方も・・・!?

「薬の副作用により仕事に支障をきたした経験はありますか?」という質問に対し、約半数もの方が「はい」-49.5%と回答されました。

 

また、くすりの副作用としては下記が挙げられます。

副作用としては「眠気」-67.5%と7割近くになり、とても多いことが判明しました。
回答された中には「医療従事者」や「運送業」に携わっている方も多く、ご自身だけでなく、第三者の方を巻き込んでの重大な事故につながる可能性もあるため、効果的な薬を服用するのをためらうという方も多く、薬以外の何かで効果的に対策を行うことが望まれることでしょう。

  • 屋外で使用可能な空気清浄機で花粉症対策を効果的に!

萬祥株式会社の取り扱う「Airvida-M1」は、ネックレスタイプの、屋外でも使用できる空気清浄機です。「Airvida-M1」はマイナスイオンで空気環境を改善します。空気中に浮遊するほこりや花粉などをマイナスイオンがキャッチして下に落とすため、より良い空気環境での呼吸が可能となるのです。
「Airvida-M1」本体の重量は、なんとわずか20gです。この軽さは1日中身に着ける際に首や肩への負担を最低限に抑え、着けていることを忘れてしまうほどの軽さです。
襟用クリップでの着用も可能となり、場所を選ばずに使用することができます。家やオフィス内はもちろん、通勤通学時のバスや電車内、車の中やレストラン、コンサート会場など多くの方が集まる場所でも空気環境を改善し続けます。
花粉症の薬の副作用に悩み、仕事に支障をきたしている方は、ぜひ「Airvida-M1」でより快適な生活を送ってください。

  • 萬祥株式会社

 

萬祥株式会社は、自社ブランドを中心に様々な商品を取り扱っております。OEM商品の取り扱いや医療機器の取り扱い事業など、美容と健康に関する幅広い事業展開を行っておりますので、健康についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

■萬祥株式会社
https://www.mansyou.co.jp/
■TEL : 03-5806-9360
■お問い合わせ:https://www.mansyou.co.jp/?page_id=83

 

 


掲載元:PR TIMES

Selected by COCOLOLO ライフ magazine 編集部