世界の温泉地巡り アメリカ – パゴサ・スプリングス


青空や周りの景色で開放感たっぷりの温泉

古くからインディアンたちに愛用されていたコロラドにある温泉で、地名は、ヒーリングウォーターを意味する「Pag-Osah(パゴサ)」に由来しています。

医学的な効果が軍医によって1860年に検証され、1900年に鉄道が開通すると、多くの人が訪れるようになったのだそうです。

また、世界で最も深い地熱帯層から源泉が湧き出しており、2011年にはギネスにも登録されています。源泉の深さは約305mとされていますが、水深を測定する測鉛線の長さが足りず、本当の深さはわかっていないのだとか。

古来より癒しを求める人々でにぎわうダウンタウンの中心は、スプリングリゾート&スパが所有する大小23の温泉プールが点在します。

川のせせらぎを聞きながらお湯につかれ、夜には空に浮かぶ星を眺めながら癒しを感じることができる開放感たっぷりの温泉です。

ナトリウム濃度は、ほぼ海水と同等に高く、その他カリウム・マグネシウムなど計13種類のミネラルを含有
(コロラド州政府観光局HPより抜粋)

株式会社バスクリンはぴばす入浴と健康の情報ページは⇒こちら

 

この記事を書いた人

MrIsikawa
石川泰弘先生(お風呂博士)

株式会社バスクリンの販売管理部所属(広報責任者)。温泉入浴指導員、睡眠改善インストラクター。温泉や入浴、睡眠に関する講演は出演依頼が後を絶たない。「『ぷっ』すま」「教科書にのせたい!」等のTVや雑誌、ラジオにも多数出演。

著書: 「たった一晩で疲れをリセットする睡眠術」(日本文芸社)等
株式会社バスクリンはぴばす入浴と健康の情報ページ⇒こちら