女性ホルモンに似た働き「大豆イソフラボン」たっぷりレシピ【豆腐とサバのハンバーグ】


豆腐の原料である大豆には大豆イソフラボンという成分が豊富に含まれています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」によく似た働きをしてくれます。加齢とともに低下する女性ホルモン(エストロゲン)の不足を補い、ホルモンバランスを整え更年期症状(顔のほてり、イライラ)の予防に役立ちます。

更年期障害を予防したいとお考えの方は、大豆イソフラボンを摂取できるこの豆腐とサバのハンバーグをぜひ、お試しください。

●材料(2人分)
Ⓐ(木綿豆腐…1/2丁〈水を切る〉、サバ水煮缶…1缶〈汁は捨てる〉、おから…20グラム、マヨネーズ…大さじ1/2、大葉…6枚〈粗みじん切り〉、ショウガ…15グラム〈千切り〉)、Ⓑ(水…50ミリリットル、みそ…小さじ1)、バター…小さじ2、サラダ油…小さじ1、ゆでブロッコリー・トマト…各適量

●作り方
❶ボウルにⒶを入れてよくまぜる。2等分にして、小判形に丸める。
❷フライパンにサラダ油を熱し、①を両面ともに色よく焼き、皿に盛る。
❸②のフライパンにバターとⒷを入れて軽く煮詰め、ハンバーグにかける。ゆでブロッコリーとトマトを添える。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©カラダネ

 

関連記事

参考サイト紹介

カラダネ

「カラダネ」は、『わかさ』をはじめとした健康情報誌を出版する、わかさ出版が運営するセルフケア情報サイトです。体の不調や病気、老化の悩みに「いま役立つ」「すぐ使える」情報を、医師をはじめとする専門家の執筆・監修のもとで毎日更新中!