マインドフルネスとビジネスの成功(後編)


なぜ欧米の企業研修でEQが重要視されるようになったのか?

アメリカの成功者たちを調べていくと、共通して、EQが高いことが分かったそうです。

逆に、超一流大学を卒業して、IQが凄く高いのに、社会的に成功していない人がいるのは何でだろう?と、調査していくと、このEQが低いことが明らかになりました。

確かに、ものすごく頭のいいエリートであったとしても、感情の起伏が激しかったり、コミュニケーションが苦手で、仲間と一緒に働くのが苦手だったりすれば、社会で成功するのは難しいかもしれませんね。

このような研究背景があり、近年、「頭の良さのIQ」だけでなく、「心の知能指数EQ」も高めていこうとする流れが生まれたわけです。

とくにEQはIQと違って、先天的、遺伝的な要素が少なく、実践を繰り返すことで高めることができると言われています。

 

心の知能指数(EQ)を高めるマインドフルネス

EQを高めるトレーニングの手法として、期待されているのがマインドフルネス瞑想です。

実際にマインドフルネス瞑想を習慣にしている人は、そうでない人に比べて、他者への共感に関連する脳の部分が大きく活性化していることが、脳科学の研究で明らかになっています。

自分の内側の不快な感覚に対しても、注意深く、思いやり深く見守れるようになることで、自分自身と、より深くつながることができるようになります。

そして、その自分自身とのつながりを土台にしながら、周囲の人とも豊かな人間関係を築けるようになります。

そして、このような在り方が、結果として、ビジネスの永続的な成功にもつながっていくのかもしれません。

今回は、多くの起業家、企業がマインドフルネス瞑想を導入する理由として心の知能指数(EQ)をあげて解説しました。

googleやゴールドマン・サックスなどの一流企業が続々導入し、アメリカでは一般市民レベルで大きな飛躍を見せている「マインドフルネス」。

一過性のブームではなく、現代人老若男女問わず必要とされるものとして認知されています。
科学的にもその効果が証明されており、ますます今後広がっていくと考えられます。
ヨガプラスはマインドフルムーブメントにフォーカスしたクラスを行うヨガ専門スタジオです。

ヨガプラス HP →こちら

<ライター>

吉田 昌生P1040830

ヨガ・瞑想講師 YOGA BEING真鶴代表
日本ヨーガ瞑想協会講師

23歳のころ精神的にバランスを崩し瞑想に出逢う。瞑想がもたらすメンタル調整効果に感動し、ヨガ・瞑想講師の道を志す。以降、インドをはじめ世界35カ国以上を巡り、様々なスタイルの瞑想、ヨガ、心理学を学び実践する。

2014年:YOGA BEING真鶴を設立し、神奈川を中心に、ヨガ・瞑想の普及に努める。
「マインドフルネス」をべースにしたヨガクラスを指導。

2015年1月:「一日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門」(WAVE出版)出版

現在、メルマガ等で「マインドフルネス瞑想」についての情報を配信中。ヨガクラスの他にも、企業向けの研修、瞑想の個人セッションを提供している。全米ヨガアライアンス200時間指導者トレーニング修了。

マインドフルネス瞑想入門無料メール講座
吉田昌生のアメーバブログ
吉田昌生公式ホームページ

関連記事

ヨガの呼吸法は自律神経を整えインナーマッスルを鍛えられます
ピラティスの消費カロリーはどのくらいになるの?
日本人はピラティスでもっと自由になれる〜ミスアース日本代表・前田智子さん×河辺千恵子さん【My Story】

 

 

参考サイト紹介

logo_YP
ヨガプラス
東京・横浜・大阪エリア他18店舗に展開するホットヨガ・常温ヨガ専門スタジオです。世界統一された伝統的なヨガのメソッドから、常に進化する最先端のヨガを提供します。→こちら