日常で実践!マインドフルネス~「会話」編~(後編)


自分が「話す」場合(DO)~「アイメッセージ」で変わる相手の反応~

自分が話す場合のテクニックを二つ紹介します。

1.おうむ返しをする

例えば、「今日は、上司に怒られて落ち込んでいるだ」と相手が言ったら、「そっか、落ち込んでいるだね」と返します。結構、無意識にやっていることが多いかもしれませんね。たったこれだけですが、

「ちゃんと伝わっている。」
「話しを聞いてもらっている」

という安心感を与えることができます。また相手が感じていることを、そのまま伝えることで「ラベリング」の時のように気づきを再確認する効果もあります。

2.「アイメッセージ」で伝える

私は「アイメッセージ」で伝えるようになってから、妻との喧嘩が激減しました。「アイメッセージ」とは、「私は〜を感じている」「僕は〜だと思った」といったように私が主語になった伝え方です。

対して、「ユーメッセージ」というのもあります。「ユーメッセージ」とは、「あなたは〜だね」「君っていつも〜だよね」といったような相手を主語にした伝え方です。

先ほどの自分の内側を感じていることを伝える「アイメッセージ」よりも、こちらの「ユーメッセージ」のほうが、相手をジャッジする表現になりがちです。

「あなたが悪い」
「お前の考え方は間違っている」

といった感じになると、なんだか責められているように感じますよね。大抵、喧嘩するときは、この「ユーメッセージ」をつかっています。

何か意見を伝える際も、「あなたはこうだ(ユーメッセージ)」ではなく、「私はこう感じている(アイメッセージ)」を使うようにするといいでしょう。全く同じことをいっても、聞こえ方が全然違います。そのためにも、「今、自分が感じているのか?」に気づいて、認めることが大切です。

瞑想やヨガの実践を通して、自分が感じていることに気づき、受容的に接していくことが、実は、他人との豊かなコミュニケーションにつながっている。そんな風に私は思います。

googleやゴールドマン・サックスなどの一流企業が続々導入し、アメリカでは一般市民レベルで大きな飛躍を見せている「マインドフルネス」。
一過性のブームではなく、現代人老若男女問わず必要とされるものとして認知されています。
科学的にもその効果が証明されており、ますます今後広がっていくと考えられます。
ヨガプラスはマインドフルムーブメントにフォーカスしたクラスを行うヨガ専門スタジオです。

 

ヨガプラス HP →こちら

<ライター>

吉田 昌生P1040830

ヨガ・瞑想講師 YOGA BEING真鶴代表
日本ヨーガ瞑想協会講師

23歳のころ精神的にバランスを崩し瞑想に出逢う。瞑想がもたらすメンタル調整効果に感動し、ヨガ・瞑想講師の道を志す。以降、インドをはじめ世界35カ国以上を巡り、様々なスタイルの瞑想、ヨガ、心理学を学び実践する。

2014年:YOGA BEING真鶴を設立し、神奈川を中心に、ヨガ・瞑想の普及に努める。
「マインドフルネス」をべースにしたヨガクラスを指導。

2015年1月:「一日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門」(WAVE出版)出版

現在、メルマガ等で「マインドフルネス瞑想」についての情報を配信中。ヨガクラスの他にも、企業向けの研修、瞑想の個人セッションを提供している。全米ヨガアライアンス200時間指導者トレーニング修了。

マインドフルネス瞑想入門無料メール講座
吉田昌生のアメーバブログ
吉田昌生公式ホームページ

関連記事

ヨガの呼吸法が上手になるコツとは?
ピラティスで肩こりは改善、もしくは解消されるの?
タレント河辺千恵子さんが難病を克服し、ピラティスインストラクターに転身するまで【My Story】

参考サイト紹介

logo_YP
ヨガプラス
東京・横浜・大阪エリア他18店舗に展開するホットヨガ・常温ヨガ専門スタジオです。世界統一された伝統的なヨガのメソッドから、常に進化する最先端のヨガを提供します。→こちら

関連コンテンツ