なぜ精神的なストレスは髪質に影響を与えるのか?


ストレスがどのような影響を髪に与えるのか?

「ストレスがたまると抜け毛が増えてしまう」なんて話を聞いたことがあるかもしれませんね。
ストレスがたまると終始、神経が休まらない状態です。休まらない状態ということは血管が緊張状態で収縮波が生まれないということです。
収縮波というのは簡単に言うと、波を打った血管の流れ。海をイメージしてもらうとわかりやすいですが、大きな波を立てて水が流れている方が水流が活発ですね。
しかし、波を立てていない海というのは水の流れが滞留しています。
それと同じことが血液にも起こるということです。血液を活性化させるには、ストレスをためないで交感神経と副交感神経の両方が交互に動くような循環を生み出せば血流の流れもよくなります。
ストレスがたまっているときは、交感神経しか働いていない状態です。いわば、さざ波状態です。
家に帰って来てからもずっと悩みが頭の中を駆け巡って、就寝時まで常に脳が緊張状態になってしまうと、血流が滞留して次第に毛根のほうまで血流がしっかりと行き渡らないという悪循環が生まれてしまいます。

 

原因と改善方法とは

「ストレスをためないほうが良い」と言ってしまえばそれまでですが、ストレスを解消するには、脳の神経を休ませる副交感神経を活発化させる必要があります。
副交感神経はどのような時に働くかというとリラックスした環境でご飯を食べているとき、本を読んだり音楽を聴いているとき、余計なことを考えないでテレビを見ているとき、お風呂に入っているとき、就寝時など心身ともにリラックス状態になると働く神経です。
よく、「緊迫した場面や緊張状態の場面ではアドレナリンが出る」などと言いますが、逆に神経がリラックスしている状態はアセチルコリンと言われる物質が働き、体を安らげる状態にしてくれます。
「緊張と緩和」という言葉があるように緩和させる環境に身を置くことができれば、副交感神経もうまく働くといえるでしょう。
副交感神経が働いているときは血管が緩んで筋肉も緩みます。また、そこから気持ちのスイッチが入って交感神経が働くことで血流の流れを活性化させる効果が期待できます。
あまりにも交換神経が優位な時は、ストレスによる自律神経失調症などの病気が発症してしまうケースもありますので、髪のみならず体調にまで異常をきたしてしまう可能性があります。
できるだけリラックスすることを日頃から意識したいところです。

 

関連記事

参考サイト紹介

頭美人

『頭美人』は「健康は頭から」をコンセプトに、髪や頭に関するお悩みを解決することで皆様に健康をお届けする、ヘアケアの総合情報サイトです。

【頭美人】http://www.atama-bijin.jp/hair_care/


関連コンテンツ