パソコンの使い過ぎによる眼精疲労が引き起こす頭皮トラブルとは?


パソコンを使い過ぎている方は、知らないうちに頭皮トラブルの原因を作っているかもしれません。
実は目の疲れと頭皮トラブルは非常に近い関係にあります。
今回は、パソコンの使い過ぎで目が疲れると引き起こされる頭皮トラブルについて紹介していきます。

 

パソコンの使い過ぎによる頭皮トラブル

パソコンを長時間使い続けることが頭皮トラブルに繋がると考えられているのには理由があります。
パソコンを使うことによる体への負担には、主に「眼精疲労」と「肩こり」の症状が挙げられます。
この2つの症状には、頭部の血行を悪くしてしまうという共通点があります。
血液は酸素や栄養素など、大切な成分を運ぶ働きがあります。
そのため、頭皮が血行不良になってしまうと様々な頭皮トラブルの原因に繋がります。
そして、頭皮の血行不良によって生じるトラブルには、「ニキビ」「フケの過剰分泌」「頭皮のベタつき」「頭皮の老化促進」「抜け毛の増加」などがあります。
このようにパソコンの使い過ぎは、薄毛にまで繋がってしまう可能性があるので、ヘアケアのためにも対策を行うことが大切になってきます。

 

パソコンを使い過ぎると目が疲れる原因

パソコンの使用による眼精疲労の原因には、「筋肉の緊張」「ブルーライト」「ドライアイ」が考えられます。

◆「筋肉の緊張」

目の筋肉はピントを合わせる機能を持っています。
ですがパソコンを使用中には、常にこの機能を使い続けているため、目の筋肉が緊張してしまい疲労します。

◆「ブルーライト」

パソコンのディスプレイからは、ブルーライトというエネルギーの強い光が発せられています。
このブルーライトを長時間浴び続けると目への負担が大きくなります。

◆「ドライアイ」

パソコンの使用中は、どうしても瞬きの回数が減ってしまいます。
そのため目が乾燥しやすくドライアイになりやすくなります。
また暖房器具やコンタクトレンズの使用もドライアイを助長します。

 

改善方法

目の疲れを改善するには、目を休ませることと目の筋肉を柔らかくすることが効果的になります。
パソコンを1時間使用したら10分間休憩を入れるようにしましょう。
また、この時に目の筋肉をほぐすためのストレッチをすると良いです。
目の筋肉のストレッチは、左右上下を交互に見たり、遠くと近くを交互に見ることで行うことができます。
また、蒸しタオルで目を温めることや目薬をさすことも、目の疲れを和らげる効果や目の乾燥を緩和する効果が得られます。
ですので、ヘアケアをするなら眼精疲労にも気を付けて行うようにしましょう。

 

関連記事

参考サイト紹介

頭美人

『頭美人』は「健康は頭から」をコンセプトに、髪や頭に関するお悩みを解決することで皆様に健康をお届けする、ヘアケアの総合情報サイトです。

【頭美人】http://www.atama-bijin.jp/hair_care/


関連コンテンツ