目が覚めて眠れないときにやってはいけないこと


最近夜中に目が覚めてなかなか眠れない方の理由には、

・加齢に伴う睡眠の質の低下、
・生活環境の変化、
・ストレス
・寝具が古くなり合わなくなった

など様々考えられますが、
ペンシルベニア大学ペレルマン医科大学院で行動睡眠医学プログラムの責任者を務めるマイケル・パーリス博士によると、

*********

早朝覚醒は体内時計と通常の睡眠時間との間にミスマッチが生じている状態。寝不足を補おうとする行為は、慢性的な不眠を助長しかねない。
・遅くまで寝ていないこと。
・昼寝をしないこと。
・次の日に早く寝ないこと。

*********

ということが大切という記事がありました。

夜中に目が覚めて眠れないとついつい

・週末寝だめする
・15分以上の長いお昼寝をする
・就寝時間を早める

という間違った対策を行ってしまいそうですがこのことで、いずれも体内リズムが乱れ、夜寝つきが悪くなって睡眠の質が低下する原因になるので気をつけましょう!

記事元:▼夜中に目が覚めて眠れない人にアドバイス⇒こちら

 

プロフィール

塚島 早紀子(つかしま さきこ)

快眠プランナー、上級睡眠健康指導士。楽しい睡眠をテーマにした「pleasantsleep.jp」を開設。執筆、講演、メディア出演などを通じで楽しく取り入れられる快眠レシピを発信中。