知っておきたい!入浴の3つの健康効果


医学的にも証明されている入浴の3つの健康効果を改めてご紹介します。

入浴効果

入浴には、下にあるような様々な効果があります。それは、お湯に浸かると3つの物理的作用が働くためです。入浴習慣が定着している日本ではその効果について医学的に研究・証明されています。

温熱作用によるもの

お風呂に入ると「あたたまって疲れが取れる」

お湯に浸かると当然体はあたたまります。これが温熱作用です。温熱作用とは、どのような効果があるのでしょう?

皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。それにより体内の老廃物や疲労物質の除去、コリがほぐれ疲れが取れます。また、内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。腎臓の働きもよくなり、利尿作用がはたらきます。そして、入浴の仕方によってはヒートショックプロテイン(HSP)が生成され、細胞が活性化し、免疫力アップも期待できます。

水圧作用によるもの

お風呂に入ると「全身の血行が良くなる」

お風呂でも、水圧を受けます。この圧力はウエストが3~6cmも細くなるほど!それが身体にどういう影響があるのでしょう?

この圧力で、足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。また、腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、空気を補うために呼吸の回数が増え心肺機能が高まります。

浮力作用によるもの

お風呂に入ると「気分がリラックスする」

プールや海に入ると浮力が働いて、体が浮きますね。これは、湯船の底に身体が沈んでいてもきちんと働いています。知っていました?

お風呂に浸かると、体重は約9分の1程度になります。普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から開放され、緊張からくる脳への刺激が減少します。見えない身体の負担を軽減することにより、心も開放されてゆくのです。

 

株式会社バスクリンはぴばす入浴と健康の情報ページは⇒こちら

 

プロフィール

石川泰弘先生(お風呂博士)

株式会社バスクリンの販売管理部所属(広報責任者)。温泉入浴指導員、睡眠改善インストラクター。温泉や入浴、睡眠に関する講演は出演依頼が後を絶たない。「『ぷっ』すま」「教科書にのせたい!」等のTVや雑誌、ラジオにも多数出演。

著書: 「たった一晩で疲れをリセットする睡眠術」(日本文芸社)等
株式会社バスクリンはぴばす入浴と健康の情報ページ⇒こちら


関連コンテンツ