【ストレスリリース町さんぽ〜九品仏浄真寺〜】お寺の鐘は疲れたこころの救世主になるのか?!


さんぽで陽の光を浴びることは、生体リズムを整え、食欲や睡眠にも影響を与えます。
また、自然の色や音や香りがやさしく脳を刺激して、心身をリフレッシュさせてくれます。
ストレスは、日々、知らないうちに少しずつ蓄積されるもの。
忙しい日が続いたとき、疲れが溜まってるな~と感じたとき、イライラが爆発しそうなとき etc.。

ふらりとさんぽして、ストレスを手放してみませんか?

お寺の鐘は疲れたこころの救世主になるのか?!

プレゼンを翌日に控えて、長電話にも疲れたとある夕方。気分転換したくて訪れたのは仕事場から徒歩15分にある九品仏浄真寺。九品仏=くほんぶつと読みます。1678年に建立、名前の由来となった9体の仏様(阿弥陀如来像)が安置してある緑豊かなお寺です。ぐるっと一周してみました。

 

緑のトンネルを歩いて、トゲトゲした心をほぐす

 

広い境内の入り口、仁王門をくぐるとカエデが緑のトンネルに。
緑に包まれたときの独特の香りと、新緑ならでの緑のコントラストにトゲトゲしていた
こころがふわりとほぐれていきます。
森へ帰ってくるカラスの鳴き声も聞こえて、なんだか懐かしい気分に。

 

まるで京都?!石庭を眺めてリラックス

 

 

東京都指定天然記念物の大イチョウ。整った石庭の角にどしんと佇んでいます。まだ葉っぱが若くてレースのカーテンのようですが、大きな傘に入ったような気分で安心感に包まれます。本堂からはお香の匂いも漂ってきて、さらなる落ち着きが得られます。

 

静寂なお堂で、気持ちを整える

 

本堂は一歩足を踏み入れるとふ~っと力が抜けます。黄金の大仏様の前で正座をしてお線香に火を灯して手を合わせていると、さんぽに来る前とは全く違う時間と空間にいることに、不思議な気持ちがしてきます。薄暗いので、他の人たちと一緒でも気にならず、自分の内側に集中できる感じです。

 

お坊さんのつく鐘の音が沁みる

 

毎日定刻16:30の鐘つきを、目の前で堪能。
この日はお坊さんが遅刻寸前で、微笑ましい登場でしたが、ナマの鐘の音はやはり有り難く、まずお腹に響いてその後大気中へ伝わりその余韻を追っていると心が落ち着きます。時刻を知らせるだけでなく、イライラやモヤモヤを浄化する役割がありそうです。

 

 

おさんぽの効果は!?

こんな風に30分ほどかけて境内を回ってみました。
その結果は、こんな感じ。

相変わらず調子はイマイチですが、来る前のザワザワしていたこころは随分落ち着いて、確かにリラックスできました。

緑の多いお寺は清浄な空気が満ちていて、ゆっくりさんぽするだけで心身に安らぎをもたらします。みなさんもちょっとした時間を見つけて、お寺さんぽいかがでしょうか。

<おさんぽデータ>
・行った場所:九品仏浄真寺
・行った日:2018年4月16日 くもり 17.5℃
・かかったお金:お賽銭のみ
・住所:東京都世田谷区奥沢7-41-3
・拝観時間:午前6時~午後5時
・拝観料:無料


キモチ測定の原理

スマートフォンアプリ「COCOLOLO」
指先の皮ふの色変化をスマホカメラで検知し、心拍のゆらぎを解析することで、自律神経のバランス(交感神経と副交感神経のバランス)を計測し、WINフロンティア株式会社及びWINフロンティア研究所の開発した解析技術により、測定結果を表示しています。
これまでに累計2,000万回以上測定されており、そのビッグデータを解析した医学論文も複数発表されております。
詳しくはこちら

編集:COCOLOLO ライフ magazine 編集部