「ストレートネック」肩こりに悩むなら〜ストレートネックの原因と対処法〜(前編)


普段から肩こりが酷い。最近肩こりが酷くて頭痛がする。手先がしびれる時がある。。
こんな症状に悩んでいませんか?これらのような症状がある場合もしかしたら、ストレートネックかも知れません。

今日は、そのストレートネックの原因とその対処法についてご説明します。

 

普段の生活で、こんな姿勢になってませんか?

肩こり、頭痛、手先のしびれなど気になる場合、普段の生活をよく振り返ってみてください。

・ 長時間スマホ(携帯)をいじっている
・ 長時間デスクワークしている
・ 仕事でパソコンをよく使う
・ 運動不足だ
・ 自分は猫背だ

もし幾つか当てはまるようでしたら、メンテナンスが必要かもしれません。

 

ストレートネックって何?

ストレートネックとは、文字通り頚椎がまっすぐになり、肩の筋や首の骨(頚椎)に負担がかかり神経を圧迫してしびれが出ることをいいます。医学的な診断名ではありませんが、しびれが出ている場合は、「頚椎症」という診断名がつきますので、早めの受診をお勧めします。

通常、頚椎は自然な前方への湾曲(前弯)があります。頚椎の湾曲は上下の衝撃を和らげる機能を持っていますが、この湾曲が減少することで頸への負担が増えてしまいます。

 

どんな人がなりやすいの?~4つの要因とは?~

ストレートネックになる主な要因を4つ上げてみたいと思います。

1:長時間のうつむき姿勢

昨今スマートフォン(スマホ)などの急速な普及とその利便性にともなって、長時間スマホを使用する方が増えています。私もその1人ですが(苦笑)、このうつむき姿勢は、頭の重みを支えるために首の筋肉(脊柱起立筋、板状筋など)が緊張し、この緊張が持続すると血流量が低下し、痛みに繋がります。

また緊張が持続していますので、肩こりとして不快感を自覚すると思います。

2:猫背

頸の話ではなかったか?と思うかもしれませんが、試しに次のことを行ってみてください。

パソコンを置いたデスクの椅子に、猫背で腰を掛けてパソコンの画面を見て下さい。頸は前に突出し、顎が上がりますよね?この時の頸はまっすぐになっていることにお気づきでしょうか?この時も、頭の重さを支えるために、頸から背中の筋肉は悲鳴をあげています。

続きは後編で。

 

関連記事

ヨガをすると美肌にも効果が期待できる?
ピラティスはテニスが上達する効果がある?
40代の方へおすすめする体質改善に効果があるピラティス

 

参考サイト紹介

basiピラティス

世界30カ国、スタジオ数650以上に展開する歴史ある本格ピラティススタジオが日本上陸。

現役スポーツ選手やダンサーらが実践していることでも話題のピラティスです。→こちら


関連コンテンツ