心がスッとする 音楽&ハーバルライフ ~こころを整えるバッハとローズ~


宇宙に旅立った名曲はこころを整えるのにもピッタリ

宇宙旅行も実現しそうな昨今ですが、今から遡ること丁度70年前、宇宙探査機ボイジャーに乗って旅立った音楽があるのをご存じでしょうか。

それは、「バッハの平均律クラヴィア曲集第1番プレリュード」です。その選定に関わった物理学者でオルガン奏者でもある佐治晴夫氏の著書によると、地球外知的生命体とのコミュニケーションを目的に、世界中の言語による挨拶と一緒に音の情報としてこの曲が選ばれたそう。私たちと同様に「聴覚」を持つと思われるエイリアンへの手土産という、とても夢のあるお話ですね。

この曲はハ長調(ピアノの白鍵だけでなる基本的調性)で、1小節に同じパターンを2回弾き、その基本形が最初から最後まで淡々と続く構成です。ハ長調の曲は、感情の起伏がなく、色でいえば白というイメージでしょうか。そんな曲は心を安定させる力を持っています。慌ただしくルーティンをこなす朝、こころを整えるために聴くのにオススメの1曲でもあります。

 

バラの手浴で五感を開く

冬は身体の先の方から熱が抜けて、体温が下がり免疫力も落ちがちです。そんな時の自然療法に手浴があります。少し熱めのお湯をはって数分手を入れるだけでポカポカしてきますし、感覚に集中することで思考のごちゃごちゃをリセットするのにも役立ちます。

私がよく行うのは、ローズの手浴。贅沢に見えますが、実はハーブティ用のローズはすぐに変色して香りも飛びやすいので、開封して時間が経ったものを有効利用します。

メディカルハーブとしてのローズは、収れん作用や抗炎症作用をはじめ、女性特有の痛みの緩和やホルモンバランスの調整、そして近年は抗不安作用も認められています。

手先から伝わる温かさと、嗅覚を通した甘い香りはないがしろにしがちな感覚への意識を取り戻すのにとてもいいです。

宇宙を旅する一曲をお供に、心を整えるひとときを持ってみてはいかがでしょうか。

 

平均律クラヴィーア曲集1番プレリュード J.S.Bach(音源の都合上、バッハの曲にメロディーがついた「グノーのアヴェ・マリア」を使用しています)

 

プロフィール

Emi
音楽ハーブセラピスト

大手広告代理店を経て、ヘルス&ビューティの商品開発やブランディングを行う中、ストレス社会における五感の大切さに気付く。

メディカルハーブと音楽療法をベースとする「五感を開いてストレスケア」をテーマとする+TONE(プラストーン)主宰。

企業マーケティングやプロモーション開発、情報コンテンツ開発、コラム執筆などを行う。著書に『Me time こころをほぐす12ヵ月のメディカルハーブティ』

JAMHA認定ハーバルセラピスト

日本ホリスティック医学協会会員

http://plus-tone.com/

https://www.facebook.com/plustone.jp